【ebay輸出】File Exchangeの使用例!副業や時間のない方でも大量出品が可能になります

杉原です。

5月も盛り上がっていきます!!!

5月開催の無料セミナーのお知らせです。

ebay輸出でガチで稼ぎたい方、本気の方へ!
最短で稼ぐための方向性と儲かるリサーチ方法を
学べるチャンスです。

少しずつ枠が埋まっていますので
お申し込みはお早めに!!

詳細はこちら
http://netplan1.com/l/m/LuUYF5lLLUYMti

※参加者特典もあります!

 

 

■File Exchange の使用例

昨日はFile Exchangeとは「ツール」という解釈
よりもebay上にcsvデータをアップロードして
出品できる「機能」であるということを説明しました。

 

昨日の内容はこちらから
http://netplan1.com/l/m/wOiG6Yw4Nw71Je

今回は具体例を説明していきたいと思います。

 

まずはエクセルファイルの1行目に出品
する際に必要な項目を横一列に記載します。

例えば下記の項目です。

 

その項目の2行目から出品する商品のデータを
入力していきます。

 

例えば下記のように入力します。

*Action → Add or delete or revise
CustomLabel → ASINなど
*Category → カテゴリ番号
*Title → タイトル80文字以内
*Description → 商品説明(テキスト or html)
*ConditionID → new or used
Product:UPC → JANコード
C:MPN → 製造番号
C:Brand → ブランド名
PicURL → 写真のURL
*Quantity → 出品数
*Format → オークション or 即決価格
*StartPrice → 開始価格
*Duration → ハンドリングタイム
Country → 発送元の国(JP)
*Location → Tokyoなどの発送地域
ShipToLocations → Worldwide or Domestic
PayPalAccepted → ペイパル決済可能なら 1 を入力
PayPalEmailAddress → ペイパルに登録したメールアドレス
…………
……………………

 

こんな風にFile Exchangeのマニュアルから
登録したい項目(矢印の左側)を探します。

 

そのあとどのように記載すればよいかを
File Exchangeのマニュアルから読み取ります。

 

基本的にはこれだけです。

要するにFile Exchangeのマニュアルから
ルールを読み取って記入します。

 

このルールさえ分かればFile Exchangeで
出品することが可能になります。

 

しかし、実際に運用するとなると出品価格
だったり送料計算などは別途しなければなりません。

 

また、商品の説明をhtmlなどを使って見栄えを
良くして登録する必要があります。

 

これを1つ1つやっていたのでは効率が悪すぎます。

それをどうやって効率よく進めるのか?

 

これについては明日説明します。

本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

 

メルマガの登録はこちらから
http://ten.funsjp.net/muryou/

初心者の方はこちらから
http://ten.funsjp.net/bigining
ブログランキングに参加しています。
現在の順位は? 以下のボタンより確認してみて下さい。
応援ありがとうございます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

Source: 杉原裕一

【ebay輸出】File Exchangeの使用例!副業や時間のない方でも大量出品が可能になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です