【ebay輸出】ebayからセラーに与えられる評価ディフェクトレートのからくりとは?

杉原です。

 

<<<6月の無料セミナー参加者募集中!>>>

儲かるリサーチ方法を教えます。

6月18日(日)13時~17時
6月25日(日)13時~17時

お申し込みはお早めに!!
http://netplan1.com/l/m/Ypn47oqvCNWsAB

※参加者特典もあります!

 

 

■ディフェクトレートとは?

今回は「Transaction defect rate」について
お話します。

以下、略してTDRとします。

 

TDRとは何かというとebayからのマイナス評価率です。

セラーはebayが定めるルールに従って販売しないと
マイナス評価を貰ってしまいます。

 

その中で大きいのは、

 

・セラー都合によるキャンセル

・ケースを開かれたときセラーではなくebayが最終的に判断してバイヤーが勝利した時

 

この2つです。

 

なんと、この率(パーセンテージ)が2%以上に
なってしまうとBelow Standerd になります。

 

例えばアメリカ人と100取引してセラー都合で2回
キャンセルしてしまうとBelow Standerd になって
しまうということです。

 

Below Standerd になると

 

・出品制限される
・検索の上位から外れる
・落札手数料が4%高くなる
・リミットアップできない
・ストア登録が制限される

 

今年の5月以降に売り上げた分は手数料が4%高く
なるので注意してください。

 

詳しくはこちらを参照してください。
http://netplan1.com/l/m/0wGh1OrD62jmRa

なのでBelow Standerdにならないように
気を付けて下さい。

 

実際のところBelow Standerdになっても速攻で
回復する裏技もありますのでそれについては
いずれお話していこうと思います。

 

本日も最後までご覧いただきまして
ありがとうございます。

 

メルマガの登録はこちらから
http://ten.funsjp.net/muryou/

 

初心者の方はこちらから
http://ten.funsjp.net/bigining

 

ブログランキングに参加しています。
現在の順位は? 以下のボタンより確認してみて下さい。
応援ありがとうございます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

Source: 杉原裕一

【ebay輸出】ebayからセラーに与えられる評価ディフェクトレートのからくりとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です