普通、大好きでしょ?

こんにちは!

黒木マリです

 

 

小2の息子と

お友達との会話です

 

 

A君:ママって嫌い…

息子:えー! 普通、大好きでしょ

B君:そうだよね

息子:チュウとかいっぱいしてくるし

B君:だよね

 

 

家庭によって

生活習慣が違いますし

 

 

お友達と話してみて

 

 

やっぱ

そうだよねー

 

 

とか

 

 

え~!

それってウチだけ?

 

 

って思うことが

あります

 

 

普段

あまりお友達とのやりとりを

話さない方なんですが

 

 

「A君って

ママのこと嫌いなんだって」

 

 

と思わず

伝えてみたくなるほど

 

 

衝撃を受けたことと

 

 

「B君もママが大好きで

お家でチュウをしている」

 

 

という

 

 

ママって

そういうものだよね

 

 

という確認ができたようです

 

 

ウチの息子のいうことなので

 

 

詳しい様子は

分かりません

 

 

本当に

A君はママのことが

嫌いなのかもしれませんし

 

 

もしかしたら

本心ではママが好きだけど

喧嘩したのかもしれません

 

 

いずれにしても

 

 

もし

私が息子と同じ

小学2年生だったら…

 

 

私は

A君に近いことを

言っていたと思います

 

 

それは

親に愛されているという

実感が持てなかったから

 

 

この家に必要な存在だと

思えなかったし

 

 

果たして

自分が存在していいのか

分かりませんでした

 

 

それって

子どもにとっては

とても辛いし

 

 

自己肯定感というのも

育たないんですよね

 

 

いつも自信がなくて

 

 

それだけ親の愛情って

大事だと

身をもって体験したからこそ

 

 

子どもには

そうなってほしくない

と思って

 

 

自分の幼少期とは

180度違う

親子の触れ合い方をしています

 

 

その結果が

息子の

 

 

普通、ママって大好きでしょ

チュウとかいっぱいしてくるし

 

 

という表現になったのかと思うと

 

 

私としては

とても

嬉しいし

 

 

良かったなー

と感じます

 

 

これが2年前

 

 

私がビジネスをしようと

思わなかったらどうか…

 

 

そう考えると

ちょっと怖くなります

 

 

何もなかった私…

 

 

私と同じような

道を歩んでほしくない!

 

 

とココロでは思っていても

 

 

私自身が

自分の人生に納得していなかったら

 

 

他人のせいにして

環境のせいにして

 

 

だから私はしょうがないんだ

何もできないんだ

 

 

と悲劇のヒロインになっていたら

 

 

今のように

子どもたちと

 

 

接することが

できていたか…

 

 

あの時の

決断は間違っていなかった

と思います

 

 

だいたい予測ができる

大人の1日より

 

 

子どもの1日の方が

成長の度合いって大きいはずです

 

 

圧倒的に

知らないことが多いからです

 

 

1日1日

劇的に成長していく中で

 

 

お母さんが

どんな気持ちで接しているか

 

 

それがイコール

 

 

これからの日本を担う

人間を作るんです

 

 

どういう子どもに育ってほしいか

 

 

親が

勉強しなさい、勉強しなさい

っていうクセに

 

 

そのそばで

テレビばかり見ていたら

 

 

勉強する気に

なりませんよね

 

 

勉強しなさい

っていうなら

 

 

やはりそこは

親もテレビを我慢するか

何か勉強するか

 

 

言動を一致させないと

いけないと思います

 

 

何にでもチャレンジしてほしいと

思うなら

 

 

親もいくつになっても

チャレンジし続けないといけない

 

 

大人になればなるほど

守りたいものができてくるから

 

 

新しいこと知らないことって

怖いです

 

 

でも

誰かのせいにしていても

 

 

状況は良くならないです

 

 

私が体験したことでいうと

変わりたいと思ったら

 

 

道がひらける

ということです

 

 

特にお金

 

 

あと少し経済的に

余裕があったら…

 

 

そう思っていた2年前

 

 

まさか1万円がすぐに作れるとは

思ってもいませんでした

 

 

節約することばかりに

目が行っていましたが

 

 

そうではありません

 

 

難しい資格もいらないし

 

在宅でできるお仕事は

あります

 

 

お金って

 

 

日本人的には

隠すことみたいになっていますが

 

 

生きるのに必要ですし

 

 

お金がないことで

子どもにしわ寄せがきてしまうのが

 

 

1番かわいそうです

 

 

お金の心配をしないで

ママが笑っていたら素敵ですよね

 

 

私には夢があって

 

 

息子が高校生になったら

デートしようとたくらんでいます

 

 

まぁ、あと8年あるんですが

 

 

もう私は50代ですよ

 

 

今からすりこんで

高校生になったらデートしようね

と言っています

 

 

今から健康にも気を遣い

 

 

16歳になった息子の隣に

立っていても

 

 

おかしくないような

姿をキープしなくてはいけません

 

 

かなりハードルは高いですが

 

 

そういう日を夢見ながら

逆算です

 

 

子どもは

あっという間に

大人になってしまう

 

 

男の子は特に

話をしてくれなくなる

 

 

と聞きます

 

 

だからこそ

今、一緒に過ごせる時間を

大切に

 

 

子どもの日々の様子を

見逃さないように

 

 

近くにいられる環境に

感謝しています

 

 

いろいろな働き方

そしてスタイルがありますが

 

 

40歳からでも

雇われるのではなく

 

 

起業することも

できるし

 

 

今という時代だから

インターネットでビジネスが可能なんです

 

 

子どもたちとも

一緒にお仕事できないかな

 

 

なんて妄想したりしています

 

 

PCオンチでも

ネットビジネスができる

良い時代だと思います

 

 

私は

自分がまさか

 

 

在宅の副業で

収入を得ることができるとは

思っていなかったので

 

 

あの時のように

苦しんでいる人がいたら

 

 

もう悩まなくていいんだよ

と伝えたいです

 

 

そして

 

 

これからの

未来を作る子どもを

 

 

一緒に見守りたいな

と思います

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの女性と子どもに幸せになってほしいので

主婦が副業在宅ワーク(ネットビジネス)で
月10万円稼いでいる手法を公開しています

興味があったら是非登録してみてください♪

 

https://maroon-ex.jp/fx44897/p7S6zE

 

 

ご登録いただけると

 

「主婦だからこそ

家にいながら総額10万円のお小遣いを

稼いじゃおう!マニュアル」を

お渡ししています!

Source: 黒木マリ

普通、大好きでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です