おかあさん、卒業!

こんにちは!
黒木マリです

 

 

いやいや…

 

 

私のお母さん業は
まだまだ続きますよ!

 

 

西原理恵子さんの
『毎日かあさん』が
連載を終了するそうです

 

 

お嬢様が16歳になられたので
「卒母」なんだとか

 

 

もちろん
毎回読んでいたわけでは
ないのですが

 

 


著書に
救われたことがありました

 

 

西原さんって
かなり個性的で

 

 

発言が
炎上するようですね

 

 

働く女性VS主婦
みたいな感じで

 

 

主婦から
反論があるのかな?

 

 

でもなぜか

 

 

私は
自分が主婦の時から
西原さんの視点が
面白いと思っていましたし

 

 

おかげで育児が楽になりました

 

 

特に「食育」について

 

 

子どもの成長のために
「食」って大事ですよね

 

 

でも
毎日3食作ったら
何時間かかりますか?

 

 

それだけで
かなり大変ですよね

 

 

西原さんは
手を抜こうよ!
と言うわけです

 

 

そのために
「唐揚げ」!

 

 

揚がる先から子どもが飲んでいく
唐揚げは飲み物だ、と

 

 

お母さんが
家の中で怒っていないのが
一番イイ

 

 

「食育」という呪縛から
お母さんたちを解放するんです

 

 

お母さんって
毎日、必死です

 

 

やることが多くて

 

 

アンチの人は

 

 

西原さんが
何を言っても
否定するんだと
思いますが

 

 

私は
すべての母親のための
応援メッセージだと
受け取りました

 

 

それに
我が家の子どもたちは

 

 

苦労して作ったわりに

 

 

今日は
この気分じゃなかった
とか

 

 

え~
これヤダ
とか

 

 

平気でいいますし

 

 

本当に食べなかったり
グズりだす始末

 

 

私が
子どもの時は
出されたものは
食べてましたケド…

 

 

そんな訳で
栄養は気になるものの

 

 

私がせっかく
何時間もかけて
作ったんだから

 

 

食べろコラ~

 

 

と無理やり
口をこじ開けて
作ったものを
流し込む

 

 

なんて
本末転倒なことに
なるよりは

 

 

多少
手抜きの食事でも

 

 

おだやかな気持ちで
子どもたちと
向き合い

 

 

その日
起こった出来事…

 

 

楽しかったこと
悲しかったことなど

 

 

何か子どもたちの
感情が動いたことを
聞くようにしています

 

 

「シェアタイム」
と命名しました

 

 

子どもたちの
学年が進むにつれて

 

 

だんだん
本当のことって
話さなくなるでしょう

 

 

わざわざ母親に
学校のこと
友達のこと

 

 

話すのウザッ
って

 

 

悲しいですけど
それも成長かな、と

 

 

そういう日がくることは
予想しつつ

 

 

少しでも
子どもたちの話や
気持ちに
より添うことができたら
と思っています

 

 

それにしても
「卒母」って

 

 

まだまだ先のことのように
感じますが

 

 

その時が楽しみです!

 

 

私の理想は

 

 

子どもが
親なしでも
生きていけるように
なることなので

 

 

精神的な自立や
経済的な自立が
できるように

 

 

サポートするのが
つとめだと思っています

 

 

西原さんの本を
読んでいた時は

 

 

まだ何者でもなく

 

 

日々モンモンとしている
主婦でした

 

 

それが

 

 

まさか
自分でビジネスを
始めるとは

 

 

今では
副業で
在宅ワークをしています

 

 

だから
「アンチ」って
もったいないな~
って感じます

 

 

人のことを
あれこれ
批判している時間に

 

 

何か始めた方が
いいんじゃないか
って

 

 

西原さんは
幼少期
お金に苦労した経験が
あるんです

 

 

育てのお父様は
借金苦で
首吊り自殺

 

 

お母様も
酒癖が悪いご主人に
苦労されていたようで

 

 

そういう西原さんの言葉だから
聞いておいた方が
いいと思います

 

 

今はちゃんと
生活できているし

 

 

私には
そんな特殊な環境
関係ないでしょ?

 

 

それならば
ある意味
幸せかもしれません

 

 

でも
先のことは分からないし

 

 

今の時代
ネットビジネスで
小さなお店を持つことだって
可能です

 

 

「自力をつける」

 

 

それは
女性の尊厳にも
かかわります

 

 

だって
経済的な理由で
わざわざDVの夫と
いなくていいわけですから

 

 

自分のカラダや
大切な家族を
守ることにつながります

 

 

私の
子どもの時は

 

 

お母さんが
家で内職っていうと

 

 

何か小さなものを作ることしか
なかったと思うんですが

 

 

今は
家にいながら
さまざまなことが
できるんですから

 

 

やらない理由はないですよね

 

 

「毎日かあさん」から

 

 

私が主婦だった時のこと
そして現在の
果てしない可能性まで

 

 

想いを巡らせました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

多くの女性と子どもに幸せになってほしいので

 

主婦が副業在宅ワーク(ネットビジネス)で
月10万円稼いでいる手法を公開しています

興味があったら是非登録してみてください♪

 

https://maroon-ex.jp/fx44897/p7S6zE

 

ご登録いただいた方に

 

「主婦だからこそ
家にいながら総額10万円のお小遣いを
稼いじゃおう!マニュアル」を
お渡ししています!

Source: 黒木マリ

おかあさん、卒業!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です