子どもを守る

こんにちは!
黒木マリです

娘が泣きながら帰ってきました。

何があったのかと、ビックリしましたが、
学校でお友達との関係がうまくいかなかったようです。

小4ともなると難しいですね…。

それでも私が子どもの頃に比べると、
だいぶ、子どもをいじめから守るという意識があるのか、

ヒソヒソ話は禁止とか
何かの遊びに「入れて」といわれたら、お友だちを入れてあげるなど、

小さなコミュニティでの
閉鎖的な活動にならないように
学校でも配慮がされているようです。

親としては、
お友だちと仲良く遊んでくれたらいいなと思うものの、

女の子特有の仲間意識というか、
ちょっとしだいじわるが出始める年代ですから、心労が…。

あまり、お友だちに合わせすぎるような態度もどうかと思いますし、
逆に孤立してしまってもいけないからです。

これは明らかに「いじめ」の域だと感じたら親が出ていく番ですが、
コトを大きくしてしまうと、かえって子どものためにならない時があるので、

娘の話をしっかり聞き、ママとパパは娘の味方であること、
いつでも守る姿勢であることを伝え、まずは安心させました。

勘違いかもしれないから、きちんと話してごらん。
ということでその場は終えました。

翌朝、学校へ行くまで娘は一切、そのことに触れずに出ていきました。
それだけでも勇気があるな、と感じました。

内心、学校に行きたくない、と言い出すかなと心配しましたし、
無事、学校に行っても、親の方が気になってしょうがなかったです。

帰宅した娘は、笑顔だったので、それを見て安心しました。

この先も、こういったことは起きるでしょう。
でも、その時の対応は決まっています。

話し合いや、先生が間に入って解決するような問題ならいいですが、
ひどい「いじめ」にあったら、無理に学校に行く必要はないです。

学校って狭いですし、人生の中の数年で終わってしまうものです。
それだけが世界ではないから。

常識にとらわれていたら、40歳の主婦は起業していなかったでしょう。
今では副業で在宅ワークもしています。

子どもたちには、広い世界を見せてあげたいから、
つらいことを何かされながら無理して学校に行くことはないと考えています。

だって、それが原因で、自殺なんてことになったら、
私は、悲しくて悔しくてしょうがないからです。

私は娘を守るためなら闘います!
そのためにも母は自力をつけますよ。

普段は温厚な私ですけど、その熱意は娘にも伝わっていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの女性と子どもに幸せになってほしいので

主婦が副業在宅ワークで
月10万円稼いでいる手法を公開しています

興味があったら是非登録してみてください♪

■黒木マリ公式メルマガ

https://maroon-ex.jp/fx44897/p7S6zE

ご登録いただいた方に

【特典A】
「主婦だからこそ家にいながら総額10万円のお小遣いを
稼いじゃおう!マニュアル」をお渡ししています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログのあの部分が気になる!など
あなたのお声を募集しています!

■ご意見・ご感想・お問い合わせフォーム

https://maroon-ex.jp/fx44897/WkpAq3

ご記入いただいた方には

【特典B】
「今すぐ家の不用品を売ってお小遣いを稼いじゃおう!
最新ヤフオク落札リスト50」と

【特典C】
「日本で売られているアレは〇〇円!
中国輸入やってみたいかもリスト20」をお渡ししています

メルマガ登録とお問い合わせフォームで
合計3種類の特典プレゼント中です!!!

この機会に是非受け取って、
私にもビジネスができるかも!!!
と思っていただければ幸いです

Source: 黒木マリ

子どもを守る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です