【輸入ビジネス】Amazonと無在庫輸入の可能性

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

※このブログは、2017年7月21日(金)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、
この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!
 

無在庫輸入の可能性

 

本日は、

「無在庫輸入の可能性」

という、テーマでお話をしていきます。

<無在庫販売で結果をだすには>

<ライバルセラーとの差別化をはかる>

 

無在庫輸入とは

 

本日は、
目黒にあるアマゾン本社にお伺いしてきました。

無在庫販売は、天井値が低い
無在庫販売は、攻めより守り
無在庫販売は、リサーチである

僕の教える
「無在庫輸入」
というのは、

上記の戦い方をお伝えしています。

アマゾンは、あくまでも導入部分
ここにレバレッジを掛けていき、
ステージをひとつずつ上げていきましょう。

と、いうものです。

これは、当たり前のことではあるのですが、
日々、市場は変化しております。

ひとつの手法で戦い続けるには、
市場の変化に敏感になることが重要です。

だからこそ、変化に柔軟に対応する必要があります。

アマゾンという市場は、
結局のところパイの奪い合いだと思います。

同じ商品を、
いかに他のライバルセラーと差別化をして、
そのパイを奪えるか?

中には、アマゾンから、
販売権利を剥奪されて戦線離脱される方もいれば、
自ら、戦場から身を引く方もいらっしゃいます。

結局のところ、
守りながら攻めている長く継続しているセラーが、
大きくパイを奪っていく。

 

ツールを利用しての大量出品

 

激戦化した市場に、
初心者が戦いを挑むための武器

それが、

「ツールによる大量出品」

だったりします。

アマゾンの企業理念をご存知でしょうか?

「地球上で最も豊富な品揃え」
「地球上で最もお客様を大切にできる企業であること」

僕らが、アマゾンさんを活用させていただき、
ビジネスをさせていただくためには、
この企業理念を理解しておく必要があります。

「無在庫セラー」
が、いかにこの企業理念を意識して、
販売活動をしているのか?

在庫管理が出来ていない
赤字が出たらキャンセル
とりあえず無作為に出品

これだけならまだしも、

売れたのに送らない…

なんて、

非常識なセラーが一定数いるために、
優良な無在庫セラーまでもが、
退場させられざるを得ない状況になってしまう。

有在庫であっても、無在庫であっても、
それは、手法であって、
管理が出来ていなければ、
結果として顧客にとって不利益をもたらしては、
ビジネスとして成立はしません。

「受注生産」
「お取寄せ」
「ドロップシッピング」
「アフィリエイト」

言い方が違うだけで、
すべて無在庫販売です。

個人の趣味趣向が多様化している時代です。

そして、欲しいものは、
待ってでも欲しい。

予約の取れない飲食店
1年後の予約をとるグルメオタクもいるそうです…

でも、1年後に、
「すみません、今日で閉店しました…」

なんてことは、

あってはいけないですよね…

無在庫販売の一番のメリットは、
その名の通り、
「在庫を持つ必要がない」

しかし、それは、
セラー都合のメリットであって、
「売れてもキャンセルすれば良い」

ということではありませんよね。

 

守るということ

 

「守り」

というのは、

「アカウントを守る」

という意味もありますが、

「約束を守る」

という基本的な意味でもありますね。

無在庫販売で結果を出している人ほど、
赤字でも、出荷をします。
(当たり前ですが…)

在庫がなければ必死で探します。
(なくても、提案をします)

在庫をもつリスクをとらない。

のにも関わらず、

売れた商品にもリスクをとらない。

ここを勘違いしてはいけませんよね。

さて、

無在庫輸入クラブMYC対談ですが、

あきさん、一条さんに引き続き、

明日は、マルチワーカーこと石井さんとの対談を配信させていただきます。

PS.

セミナー開催します!

2017年8月11日(祝) 大阪周辺
2017年8月12日(土) 東京周辺

詳細は、来週の頭にご案内させていただく予定です!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!


Source: 大越雄介

【輸入ビジネス】Amazonと無在庫輸入の可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です