【輸入ビジネス】インターネットビジネスにおけるギブ&テイクとは

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

※このブログは、2017年3月19日(日)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、
この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!
 

ギブアンドテイクをなめんなよ!

 

本日は、

「ギブアンドテイクをなめんなよ!」

という、テーマでお話をしていきます。

<ギブ&テイク出来ていますか?>

<土曜日の昼間からテレビ>

 

お金持ちの人の習慣

 

昨日は、めずらしく土曜の昼間からテレビを見てたのですが、

「お金持ちの習慣」
という内容の番組がやっていました。
(タイトルは違うかもしれません…)

年収3億の社長が出てきて、

「土曜日のお昼にテレビみているようじゃお金持ちになれない。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、おっしゃっていました(笑)

確かに!!!

他にもいくつか共感出来るテーマがあったのですが、

「お金持ちは、早起きをする」
「お金持ちは、トイレがキレイ」
「お金持ちは、お札を長財布に向きを揃えて入れる」
「お金持ちは、自分以外の人のためにお金を使う」

みたいな、習慣があると言います。

おっ、割と全部やれてるかも!笑
お金持ちになれるのか!!

とか、思いながら、
土曜日の昼間にテレビをみていました(笑)

あら、やっぱり無理かも…

 

与えるということ

 

お金持ちの人っておそらくですが、

「時間」と「お金」
の感覚というか、意識が高いから、
お金持ちになるんだなと思います。

そして、細かい部分にこだわる。
人を喜ばせようとする。

最終的に、それが自分に返ってきているんだと思います。

つまり、

「ギブアンドテイク」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という、やつですよね。

でも、だいたいの場合、

ギブする前にテイクされることの方が多いかと思います。

だって、世の中そういう仕組みですから。

コンビニに入ろうが、
カフェに入ろうが、

基本的には、何ごともなくサービスが提供されます。

その対価として、お金を払う。

なので、サービスに対するテイクは、
お金を支払うことになります。

では、対価以上の価値をギブされたらどうしますか?

例えば、

コンビニの店員の愛想がとても良かった。
いつも買っているコーヒー牛乳を切らさずに補充してくれている。

単純に、ファンになりますよね。

ファンになることも、ギブだと思います。
ファンになって、友達に紹介するとかね。

そうすると、

店員は、もっと愛想が良くなるし、
もしかしたら、お店入るだけでコーヒー牛乳持ってきてくれるかもしれません。

友達に紹介したら、お得なポイントくれたりすることもあるでしょう。

しかし、対価としてお金しか払わない。
つまり、ギブアンドテイクで終わる人。

お金を投げ払う人とか、
ギブされることが当たり前に思っている人。

「お客様は、神様です!俺、お客様。つまり、神様。」

みたいな人ですね。

もし、僕がコンビニの店員だったら、
最低限のサービス提供しかしないでしょうね。

同じ100円を頂いても、です。

 

インターネットビジネスにおいてのギブ&テイク

 

「ギブをしまくりましょう!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というのは、あくまでもサービス提供者の立場での話であって、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

普通は、まずはギブをされる方が多いと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もちろん、最低限のテイク「お金を払う」
ってことは、しないとダメですよね。

お金以上の価値を感じたら、
「ファンになる」というギブを返しましょう。

特に、インターネットビジネス、
いわゆる「稼ぐ系」

において、

「サービス」に対して「お金」しか払わない人が本当に多い気がしてます。

入会だけして、何もしない人もそうだし、
中には、難癖をつけてくる人もいます。

せっかく、その人の商品を購入したのだから、
その「ギブ」をちゃんと「実践」することで「テイク」しないと勿体無いと思います。

だって、コーヒー牛乳買って、家の冷蔵庫で腐らせてるのと同じことですよ。

それでいて、その腐らせたコーヒー牛乳に対して、文句を言うのはお角違いですよね。

(もともと腐ったコーヒー牛乳を売っているのは論外…)
(ちゃんと賞味期限くらいは確認して買ったほうが良いですよ!)

ちゃんとそのサービスに対して「ファン」になることで、
「稼げる」というさらなる「ギブ」を受ければ良いし、

「稼げた」なら、それをもっと世の中に紹介してあげれば良いんです。

僕の教え子たちもしっかりと結果を出しているので、もちろん教え子に感謝されます。

きっと、「ファン」にはなってくれているんだと思います。

しかし、

「大越さんのために、稼ぐことで恩返しします!」

なんて、嬉しいことを言ってくれたりするんですが、
それって、単純にサービスを受けて終わりなんですよね。

だって、稼がせるためにサービスを提供している訳なので…

まぁ、世の中には稼げないスクールも多いようなので、これはこれでオッケーなんですが…

僕としては、

「コーヒー牛乳美味かったです!ご馳走様でした!」

っていうのと同じなんですよね。
もちろん、嬉しいですが、

「おっ、おぉ、ありがとう!」
って、感じです。

だって、自信をもって美味いコーヒー牛乳作ってる訳ですから。

 

ギブアンドテイクアンドギブギブ

 

ここからが、重要な話になるのですが、
最後まで読んでくださいね。

インターネットビジネスで稼ぐための本質です。

と、思ったのですが、
続きは明日にしようと思います。

「インターネットビジネスで、ある程度稼げるようになったら、次はどうしたら良いの?」

というテーマで、明日メルマガを書こうと思います。

「コーヒー牛乳美味い!」

を、次のビジネスに繋げるためには?

というテーマです。

なぜ、このテーマをお話するかと言いますと、

昨日の僕の師匠である、紙直樹さんのメルマガ記事を添付させていただきますね。

つまりは、僕が紙さんの元で、誰よりも早く引き上げてもらった理由があるからです。

「紙直樹の教え子で最も優秀な人物」

紙さん!ありがとうございます!
冗談抜きで、涙して拝読させていただきました。

〜以下、紙さんのメルマガの抜粋です〜

もう2年になるんだな~と思い
書いてみる気になりました。笑

もう過去数百人と指導してきてわけですが

「一番凄い教え子は誰?」

って聞かれたら間違いなく答えるのは大越さんです。

彼は僕の塾1期生で2015年の3月から
指導してました。

当時はとにかく和田くんっていうリサーチの
達人がいて、彼が数字独走してました。

一方大越さんは「リサーチできないっす」と言って
仕組み力でじわりじわりと数字を伸ばしてきました。

そして、2015年8月には初の月収100万を達成!

リサーチがとことん苦手な分、
他のところを120%鍛えその数字に届かせました。

2016年には僕の塾の副塾長に。
そして、実は今の外注化センターは
彼と共同経営してますが、
僕の愚痴にも似た電話一本から始まりました。笑

とにかく彼の凄いところは実行力。

最初見た時は言い方悪いですが、
すげー伸びる人の迫力みたいのは
全くありませんでした。笑

「とにかく色々手をつけすぎな人」

というのが印象。

ですが、アドバイスした事は全部やってました。

「こうなったらどうしよう」

とかいう気持ちがあったのかどうかは
わかりませんが、とにかく「早くやる」

もちろん変な方に行きそうな時も
たまにあったので、そういう時は
修正してました。

誰でも経験あると思いますが、
実際にやってみてアドバイス受けるのと
やった事ない事でアドバイス受けるのとでは
全然入り方が違います。

まずやる→修正

がいかに凄いか、という事ですね。

そんな彼も去年8月には自分の教え子を
持つようになりました。

そして教え子の実績がマジで凄い。。

教える、という事を始めてから
まだ半年ちょいですが、
月収100万超えた人が10名弱いるとか。。

すごいな!!

彼の特徴

・チャットしたら1番目に「やってみます!」とレス
・途中確認とかはせずにとにかく突っ走る
(僕がちょいちょい見てるの知ってるからかもしれませんが)
・周りへのギブの精神が凄い

こんな感じです。

それを毎日繰り返した結果が今なんでしょうね。

こういっては身も蓋もありませんが、
大技で一発逆転はありません。

こういう1つ1つの積み重ねです。

上記、うちのスクール生も含めですが、
どこかに所属してる方はやってみてください。

上記だけ気にしてれば伸びますから。

どっちにしてもレスおっせぇ人は
まず伸びないですからね。

今日から実践しましょう!

〜ここまで〜

この話の中には、
僕が、他のどの教え子よりも、
紙さんの近くにおいていただけている理由があります。

つまりは、

「ギブアンドテイクアンドギブギブ」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続きは、また明日のメルマガでお話をしていきますね。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!


Source: 大越雄介

【輸入ビジネス】インターネットビジネスにおけるギブ&テイクとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です