【輸入ビジネス】あたり前のことが見えなくなっていませんか?

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

※このブログは、2017年8月4日(金)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、
この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!
 

作業に忙殺される…

 

本日は、

「作業に忙殺される…」

という、テーマでお話をしていきます。

<作業に没頭することで見えなくなっているものはありませんか>

<「目線」のことを考えていますか?>

 

目線

 

ビジネスの基本だとは思うのですが、

作業に忙殺されたり、
新しいことを始めたりすると、

忘れがちになることがあります。

それは…

「目線」

です。

特に、
ある程度ビジネスが起動に乗ってきたり、
スタートアップの段階で躓いていたり、
新しいビジネスに取組み始めてたり、

初心者の方は、
どちらかといえば、
逆の意味で、

「目線」

が、主観的になってきます。

こんなに「自分」
は頑張っているのに。

「自分」が顧客だったら…

さてさて、
「あなたの仕事はなんでしょうか?」

また、
「あなたの顧客は誰でしょうか?」

僕も、未だに、

「ハッ!」

と、させられる言葉です。

これは、

お客様は神様だ!

とか、

殿様商売はするな!

とか、

そういったことではありません。

僕ら個人事業は、
企業の犬ではありませんので、

「自分の顧客を選べる」

嫌な顧客とは付き合わない、
という選択肢があります。

「部長!ちょっとあのお客さん嫌なんで、取引き辞めても良いですか…?」

なんて会社で言おうものなら、
明日、自分の席がなくなっているかもしれませんね。

しかし、
僕らは、自由に選択出来る反面、
その顧客と付き合わない代わりに、
売上を失います。

 

Amazon

 

特に、アマゾンという、
いわゆるプラットフォームで商売をしていると、
そんなことを忘れてしまいがちです。

ライバルとの価格競争
アカウントを守るための対策

日々、意識がそちらにいってませんか?

その先の、
あなたのショップから商品を購入しようとしている、
潜在顧客が、何千万人といることを。

参入間もないセラーが、
あなたのショップから商品を購入する理由は、
ちゃんとありますか?

悔しいことに、
新規セラーの状態では、
顧客を選ぶことは出来ません。

顧客を選ぶ=売上が立たない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということです。

 

当たり前のことを

 

なぜ、殿様商売が成立するのか?

それでも、
「顧客に選ばれる」

からなんですよね。

冷静に考えると、
すべて、あたり前のことです。

「大越、あたり前のこと言ってる」

そう思ってください。

でも、日々の作業やなどに、
忙殺されてくると、

そんな、あたり前のことも、
見えなくなってしまうんです。

一生懸命やっているのに、
売れない。。。

一生懸命やっているかどうかは、
顧客にとってどうでも良いことです。

「たまには一息」

忙しい時ほど、冷静になる時間を、
ちょっととってみるのもアリだと思いますよ。

夏なのに涼しいですね。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!


Source: 大越雄介

【輸入ビジネス】あたり前のことが見えなくなっていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です