京都でairbnbを2017年から運営する

気軽に最新情報を受け取れるLINE@を始めました。

友だち追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都でairbnbを2017年から運営する

こんにちは。RYUです。

 

aribnbの記事については初めて書きます。

2017年3月よりある古い家を改装して、京都で1軒家をまる貸しのゲストハウスをオープンしました。

airbnbビジネスとしてはかなり後発組みでかなり規制も厳しくなってきたとされていました。

無許可摘発もニュースで取り上げられるなどして、賃貸からの運営者の撤退も数多くあるという

いわば『悪いうわさ』がかなり流れてきだした今年にあえてオープンをする事を決めました。

 

まず結果からいえばかなり順調で毎月9割稼動の状態です。

もっといえば今月8月には2軒目をオープンさせようと開始3ヶ月から決断をしたほどであります。

 

ここでの情報は以下のairbnbビジネス、民泊ビジネスについて現在実践者が語る本物情報を

お知らせしたいと思います。

 

airbnbを始める際にあった不安や噂。

 

賃貸アパートの大家さんにはなんて説明するのか。

違法でなく運営するにはどうしたらいいのか。

宿泊者とのトラブルは?!

近隣の方のご理解を得るには。

どのくらい利益がでてどのくらい経費がかかるのか?

初期投資の目安。

実際の利回り。

1泊どのくらいの価格がいいのか?

清掃に関してはどうするのか?

正規ではじめるためにはどこに相談したらいいのか?

登録や手続きの方法は?

京都で始めるなら旅館業法をクリアする。

物件選びと実際にどういう点をお客さんは見ているのか?

消防局から緊急監査がきたら。

 

 

 

と、ざっと思いつくだけでもこれだけの問題点や不安、噂があります。

当然ながら少なくても私にもこの不安やリスクはありました。

 

始める前の不安や開始後のトラブルの対処。

 

不安や噂、トラブルに関してはあいまいに対応するのではなく適切な対応をする事が大事です。

チャンスをつかみたい人はこの問題に立ち向かう必要があります。

私が上記であげた問題は一見文字で見ると大変そう。。どうしていいかわからない。。と

思われると思います。ですがちゃんと適切な対応をすれば誰にでもできる事でと特別な事はなにも

ありません。こちらは順に記事を書いていきたいと思います。

 

やる理由は、、、確実に儲かるから。

 

運営したいと考える理由は1つ お金を儲けたいから。

私は世の中の確実に儲かる話には必ず参入壁というのが存在すると思います。

そして儲かる理由として確実にそこにマーケットが存在するから。

日本に観光客が増えて多いのは誰しもが知っている事だと思います。

さらに京都に観光客が増えた事は京都に住んでいる人ならわかると思います。

さらに実際に京都に泊まろうと思った時、もしくは東京や福岡、大阪に泊まる時、

実際にどれくらい泊まれる所が無いか宿泊をよくする人であれば知っていると思います。

さらに、さらに、各地域でairbnbをしている人がどのくらい儲かっているか、

そしてどのくらいダメなのか、私は知っていました。

 

情報が全然ない時にビジネスを始めるのが一番儲けがでかいと思います。

しかし、情報があまりないという事はリスクも多く、儲けも多いという感じ。

 

情報が出回ってきたときは確実に悪いものも流れるので不安が多いが、リスクは

さほどなく、儲けもそこそこ。

 

完全に世の中に当たり前になった時はリスクや不安はまったく無し、

ですが参入できるスキマも儲けることも出来ないという感じです。

 

 

私は今真ん中のちょい下の方かなと思います。

確かに対象が海外外国人観光客だけであれば結構もう大手も入ってきている

ので参入に対して利益をと考えると結構難しい面はあるかもしれません。

 

しかし、私は日本の方にも広まってきて、このサイトで旅をするというのが当たり前になり

つつあると思います。そうなるとまた違った目線で見れますね。

 

 

次回には問題の解決方法などを書いていこうと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

メルマガ会員登録 →こちら

会員様限定困ったことは無料相談実施中

お名前とメルマガ登録のメールアドレスをあわせてお知らせください。

→ 問い合わせ

Source: 寺本 龍一

京都でairbnbを2017年から運営する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です