Amazon無在庫輸入 物流コストを下げる USPS アマゾン 2017

無在庫輸入の師匠 大越さんとの対談動画です。ご覧になっていない方はぜひご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=xZYLXzIfB1Y

 

こんにちわ こんばんわ

けんたろうです。

今、無在庫輸入ビジネスで中間コストをどうにかして引き下げることができないか、いくつかのテストを繰り返しています。今日はその一部を紹介しようと思います。

 

物流コストを下げる

今回はアメリカからUSPSを使って送ってみました。

そもそもUSPSって何?

USPとかUSPSとか分かりにくいですよね。日本でイメージするとUSPはクロネコヤマト、USPSは日本郵便(旧国営)のような感じです。分かりやすく言えばUSPSはアメリカの郵便局です。アメリカの郵便局から荷物を送ってもらいました。

こんな感じですね

 

 

USPSのサービス

USPSにはいくつかの種類があります

USPS First-Class Mail International

 亀にも匹敵する遅さ(遅すぎて孫が生まれる)と言われています。

USPS Priority Mail International

プライオリティーメール

こちらには従量制と定量制があります。

定量制には3種類箱のサイズがあり、従量制は重さによって料金が変わります。

今回は定量制のミディアムで送ってみました。68ドルでした。

 

USPS Express Mail International

日本のEMSと同等のスピードでけっこう早い(3~6日で到着)

USPS Global Express International

最速で1日で到着する瞬間移動的スピード(1~3日で到着)

USPSのメリット、デメリット

USPS発送のメリット

・小さくて軽いものの場合、これにたくさん詰めればコストが下がる

・普通に追跡ができた

・1週間ぐらいで届いた(意外と早かった)

・関税がかからなかったので安くついた

 

USPS発送のデメリット

・思ったよりも箱が小さく、荷物が入らない

・アメリカから発送してくれるシッパーさんを見つけないといけない

・箱の大きさに制約があるため、定量制では大きいもの重いものは向かない場合がある

です。

 

結論

どの規模でビジネスをするかを考えたうえで、

小さいもの、軽いものを中心に販売して、自分一人のビジネスで月に5万円稼げればいいです、という方には十分アリだと思います。

 

手をかけずにもう少し楽して稼ぎたいという方は、私が所属しているコミュニティーをご紹介もできます。お問合せください。

 

他にもいくつかテストをしています。お楽しみに!

 

 

 

Source: 小苅米

Amazon無在庫輸入 物流コストを下げる USPS アマゾン 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です