【Amazon輸入】ヤフオクで儲かる商品を仕入れる方法

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazon輸入販売で重要になるのが、商品の仕入れです。

輸入販売で成功できる鍵は、「仕入れ」といっても過言ではありません。

仕入先として、便利なのがヤフオクです。

オークションサイトとして有名ですが、高く売れる商品を安く仕入れることができます。

今回は、ヤフオクの魅力や良い商品を見つける方法などを紹介します。

ヤフオクのメリット

商品数

国内最大のオークションサイトなので、毎日大量の商品が出品されています。

最近では、メルカリなどが人気を集めていますが、出品数やユーザー数はヤフオクの方が圧倒的に多いのが現状です。

手数料不要

少し前までは、落札(購入)するのに「落札システム利用料」という手数料が必要でした。

2016年1月からはシステム変更になり、落札にかかる手数料が無料(一部商品を除く)になりました。

割安な値段で出品されている

ヤフオクには、商品の状態が良くても使わなくなったという理由で出品されることが多々あります。

そのような個人でヤフオクを利用されている方は、

市場価格など調べずに出品するので、格安で良い商品を仕入れることができます。

ヤフオクを利用するときのポイント

画像をチェックする

商品が写っている画像の質やレイアウトが悪い出品者は、

ヤフオクの使い方に慣れていない初心者である可能性が高いです。

そのため、安い価格で出品されていることが多く、お宝商品がたくさんあります。

商品が写っている画像が良いものは購入したくなる方が多く、値段も上がりやすいですが、

画像の質が悪いと購入したいと思う方が少なく、安い値段のまま購入できるのでお得です。

値段を上げる

ヤフオクでは1円で出品されている方が多くいます。

このような商品は安く買える可能性があるため、たくさんの方がウォッチリストに追加します。

ウォッチリストに追加する方が増えると、落札競争に参入する方が増えるので、安い値段で落札できません。

そのため、気に入った商品があれば、すぐに入札して、ライバルを減らすようにしましょう。

良い出品者をリスト化する

良い出品者をリスト化して定期的にチェックするようにしましょう。

ヤフオクのアラートを設定しておくと見逃しにくくなるのでオススメです。

出品者をリスト化することで、商品をチェックする時間を短縮できます。

まとめ

ヤフオクを使って利益をだすためには、割安価格で出品している出品者をできる限り多く見つけることです。

見つけるまでには、多少時間が必要になりますが、地道に続けていれば必ず探すことができます。

Source: SATS

【Amazon輸入】ヤフオクで儲かる商品を仕入れる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です