海外発送する梱包材料の調達

 

LINE@を始めました。

今後はこちらをメインで発信していきます。

友だち追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。RYUです。

意外とバカにできないのが、発送時の梱包材費用です。

あれがなかった、これもいる・・なんて

なんやかんやすると時間もロスをする事になるので

最初にしっかりとそろえておいたほういいです。

 

 

本日は私が利用している梱包材料をお教えします。

 

 

ダンボール

https://danboring.com/

 

プチプチ

https://www.askul.co.jp/p/330383/

 

テープ

https://www.askul.co.jp/p/659341/

 

 

 

アスクルは誰でも知っている定番サイトですが、

こちらの段ボール販売サイトは輸出にぴったりのラインナップになっています。

まず、とても軽いです。

サイト運営者も輸出をしているのでかゆいところに手が届くサイズ感。

小さいものから大きなものまで、サイズのバリエーションも豊富。

なので、とってもおすすめです。

 

梱包した後の商品の発送重量が10g違うだけで、

国際郵便発送料金が1つ当たり100円くらい高くなります。

月間で換算すると、郵送料にものすごく差が出てきます

 

新聞やチラシなどを梱包に使うのもありっちゃありですが、

紙って結構重いので注意しましょうね。

重量に余裕があるときは私のところでも使用していますが、

ギリギリの時は断然プチプチのが軽くですみます!

 

できるだけ軽く・ある程度耐久性のある梱包とするために

梱包材のチョイスは非常に重要です。

また、できるだけ安いものを用意することで、

梱包材そのもののコストを下げれるように

日頃から注意をして見ておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

メルマガ会員登録 →こちら

 

 

質問等あればお知らせしてください。

 問い合わせ

Source: 寺本 龍一

海外発送する梱包材料の調達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です