〇〇には、明日はない!

黒木マリです

 

 

週末は

息子と娘のイベントに付き合ってきました!

 

 

息子はどちらかというと素直で

信じやすいのですが、

 

 

娘は根性があるものの、

疑い深く、ちょっと心配症。

 

 

この違いを表現すると…

 

 

息子を褒めるとき、「天才!」というと

そうだよね、という感じで否定しません 笑

 

 

娘は「どうせ私なんて…」と

すぐ口に出してしまいます。

 

 

同じ親の元で育っても

これだけタイプが違います。

 

 

でも、私はやってもいないのに

「できない」と思うのは許していません。

 

 

なぜなら…

 

 

脳が「できない」と認めてしまったら

「できない」方に照準を合わせてしまうからです。

 

 

「できない」んだ

じゃ、できない理由を探してこよう!

 

 

となるわけです。

 

 

逆に「できるかも!」

と思ったら、成功するには…

 

 

って、そういう情報を探しますよね?

 

 

だから私は、

少なくとも 【1日3回】 は

 

 

自分のできたこと

やれたことを褒めてあげようね!

と子供たちに言っています。

 

 

もちろん、私も褒めますよ!

 

 

そして、つい、口でマイナスなことを

言ってしまいがちな娘には

 

 

ムギュっと抱きしめて

娘が安心した上で、

「本当にすごいよ」といってあげます。

 

 

きっと、否定的なことを言って

そんなことない!と否定されることで

ホッとするタイプなんですね。

 

 

毎日は小さい1日のつみ重ねですから

少しずつできることが増えたら

 

 

ある時、ドン!と目の前に

何かが立ちはだかっても

 

 

今までもできたし、できるんじゃね?

 

 

と脳は錯覚します。

 

 

そうなったらできる道筋を

考えたらいいんです。

 

 

自分の限界を自分で決めるのは

本当にもったいないです。

 

 

40歳でビジネスしようと

普通の主婦は思わないかもしれない。

 

 

でも、今、私は毎日刺激的で

楽しいです!

 

 

こんな日が来るとは

思っていなかったですよ、数年前まで。

 

 

きっかけは

ほんの些細なことです。

 

 

その時、楽しそう!

と感じたことに飛び込みました。

 

 

1日1日を大切に生きることが

明日への希望になると思っています。

 

 

見えない不安に押しつぶされそうになる気持ち

これはスゴクよく分かります!

 

 

だったら、できることから

始めてみることです!

 

 

何をしていいか分からないとか

何かで悩んでいる方が

いらっしゃればご相談ください!

 

 

ご質問など、お待ちしています!!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

 

LINE@

スマホから現在アクセスしてる方は下記から

 

→ https://line.me/R/ti/p/%40kurokimari

 

PCの方は @kurokimari で検索してくださいね

 

※メッセージは他の人には見えませんから
ご安心ください! 

 

Source: 黒木マリ

〇〇には、明日はない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です