【Amazon輸入】イースターの意味や由来は何?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリスマスやハロウィン、バレンタインなど日本でも、

海外生まれのイベントが毎年当たり前のように開催されています。

特に、つい数年前まではそこまでにぎわっていなかった「ハロウィン」が、

最近では仮装パーティで盛り上がっていて、大人気イベントとなっています。

実は、海外のキリスト教圏ではハロウィンよりも、クリスマスよりも、

大事にしている「イースター」というイベントがあります。

日本ではまだあまり馴染みのないイベントで、言葉は聞いたことがあっても詳しくは知らない人が多いと思います。

そこで今回は、イースターの意味などを紹介していこうと思います。

イースターとは?

日本では、まだあまり広まっていないイースターですが、

キリスト教圏の国ではキリストの誕生日を祝うクリスマスよりも大事なイベントです。

そもそもイースターとは、十字架にかけられて亡くなったキリストが、その3日目に復活したことを祝う「復活祭」です。

宗教的にもとても意味のある日で、イースターを祝って、学校が数週間休みになる国もあるそうです。

ちなみにイースターという名前の由来は、ゲルマン神話の春の女神「Estore」からきているという説があります。

イースターの日にちは?

ハロウィンは毎年10月31日、クリスマスは12月25日と決まっていますが、イースターは日にちが定まっていません。

決められているのは、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」ということだけで、

今年のイースターの日にちは2018年4月1日です。

キリスト教のなかでも、西方教会と東方教会とでは日にちが異なりますが、

西方教会が4月1日、東方教会は4月8日が2018年のイースター。「春のお祭り」として、海外では盛大にお祝いされます。

イースターに合わせた商戦

アメリカでは、キリスト教の祝日イースターに合わせた商戦が熱を帯びています。

これまではイースターのギフトバスケットはキャンディーやチョコレートが定番で、菓子メーカーの独壇場でした。

しかし最近では、米玩具・小売り業界が関連商品を相次いで投入し、バレンタインデー商戦を上回るなど市場が急拡大しています。

全米小売業協会(NRF)によると、今年のイースターシーズンの消費者支出は184億ドル(約2兆円)と

記録的水準に達する見通しで、バレンタインデーを初めて上回り、クリスマス、

新学期シーズン、母の日に次ぐ、一大商戦になると予想されています。

まとめ

現在の日本ではあまり馴染みのないイースターですが

これからハロウィンの様に、日本でも定番のイベントになってくかもしれませんね。

Source: SATS

【Amazon輸入】イースターの意味や由来は何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です