【Amazon輸入】アマゾン社が時価総額で世界3位になった理由とは!?勢いがとまらない

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インターネット通販大手企業のアマゾン社が、

時価総額でマイクロソフト社を抜き、3位の地位まで登りつめました。

ITビッグ5と呼ばれるグループの中で、

近年、成長率が著しく伸びていたアマゾン社ですが、

今回時価総額3位になった大きな理由はなんでしょうか。

アマゾンCEOベゾス氏が世界の長者番付一位!

アマゾン社の時価総額が3位になったと同時に、

アマゾン社の創業者であり、最高責任者である、

ジョフ・ベゾス氏がマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏を抜いて、

長者番付1位になりました。

これまで長年長者番付のトップに君臨していたゲイツ氏ですが、

さすがにアマゾン社の勢いの激高には逆らえなかったようです。

アマゾン社、時価総額1位も見えてきたか?

日本円で換算すると、75兆円(7020億ドル)の時価総額となったアマゾン社。

トップのアップル社(8150億ドル)と比べると、まだ差があるように見えますが、

近年の成長率を見る限り、いつ追いついてもおかしくないくらいです。

アップル社の時価総額は下落、もしくは停滞気味なので、

もしかすると・・・ということがあるかもしれません。

ちなみに2位のアルファベット社(Googleの子会社)との差は420億ドルです。

アマゾン社が時価総額3位まで登りつめた理由

カスタマーサービスがすばらしい

アマゾン社がここまで成長してきた理由としては、

まず一つ目に「地球上でまず第一にお客様を大事にすること」

という理念が実現されてきたからではないでしょうか。

売買で何かしらトラブルがあった時は瞬時に対応してくれ、

相手側に悪い印象を与えないように取り持ってくれます。

クラウドサービス(AWS)が成功したから

アマゾン社は起業当初は「インターネットで本を売る会社」

として名をあげてきました。

それから様々な商品を取り扱うようになり、

近年では「クラウドサービス(AWS)」まで扱うようになりました。

クラウドサービスと言えば、AirbnbやDropboxといった新興企業が有名ですが、

アマゾン社も独自のAWSというクラウドサービスを取り入れ、

多くの顧客を掴むことができています。

まとめ

アマゾン社が時価総額3位になった理由としては

「顧客の満足度を第一に考えること」

「常に最新のビジネスモデルを取り入れること」

ということでした。

今後は独自の仮想通貨を発行していくという噂もあるので、

目が離せませんね。

Source: SATS

【Amazon輸入】アマゾン社が時価総額で世界3位になった理由とは!?勢いがとまらない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です