【Amazon輸入ビジネス】利益-2万5000円

こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

あれもしたい♪

これもしたい♪

もっとしたい♪

もっともっとしたい♪

懐かしいですねw

事業を展開していると、
次から次へとやりたいことが湧いて出てきます。

それはそれで良いことなのですが、
事業展開の同時進行はとても難易度が高いです。

要は、、、

「中途半端になってしまい、投資が無駄になる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は自分で言うのもなんですが、
慎重な性格だと思います。

投資をするときには、
その投資した分をそのビジネスで稼ぐまでは
次の投資に回さない覚悟で動きます。

自分がやると決めたビジネスが
ブレるのが好きではないですし、
怖いのだと思います。

「これいけるんじゃない!?」

って思ったら、
そこのビジネスのマニアックになるぐらい
やらないとノウハウだけで満足をしてしまいます。

自分はノウハウを知って、
自分で戦略を立てて、

ある程度クリアするまでは
やらないと気が済まないです。

単純に投資した分、稼げないと悔しいじゃないですか。

ドラ○エだったら、Lv99まで上げて
クリアしないと気が済まないのと同じです。
(同じじゃないですかね?w)

特に、初めて物販をやる方は
稼げるノウハウに視点がいきやすいですが、

実は最初の肝はノウハウではないです。
要は入り口はどこでもいいのです。

なぜかというと、
物販ビジネスで最初にやるべきことは、

輸入ビジネスでも
輸出ビジネスでも
国内転売でも
メーカー取引でも

全て最初に共通することは、

「とにかく販売経験を積むこと」
~~~~~~~~~~~~~~~~

要は、

「リサーチ」
「出品」
「発注」
「梱包・発送」
「顧客対応」

このフローはどこの物販でも
同じなので、これを最初はひたすら経験すること

その際に、輸入でも輸出でも何でもいいです。

販売経験を通じて、学ぶことが沢山あります。
販売経験を通じて、次への課題が沢山みつかります。

とにかく売りましょう。

それこそ、私なら最初のうちは多少の赤字でも
売っちゃいます。

2016年2月にeBay輸出を開始したときは、
最初の月は、「-2万5千円」でしたから。

ちなみに、eBayで初めて販売したものはこれです!

⇒  https://www.amazon.co.jp/KFC-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%ABZ-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB-2%E5%80%8B/dp/B01NBAXRZN/ref=pd_lpo_sbs_21_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=JVK2HSMGJEM9CF6VMEHR 

利益:-1000円程度でしたかね。

あの頃は、ある程度利益が出る価格で出して売れずに、
結局1ドルにして販売をしました。

そしたら、速攻で売れて
すげぇドキドキしていたのを覚えています。

利益は赤字でしたが、次に国際発送をしないとって
調べてラベル印刷に1日かかっていましたし、、、

今では石丸塾限定ラベル印刷ツールで
3クリックで30秒で完結ですが、

あの頃は、ホントに全く分からなかったです。

ただただ、売れて嬉しかった。

また次を売りたい。
今度は利益を取りたい。

もっと売りたい。
もっと利益を取りたい。

月収30万円超えて、
もっと楽にビジネスがしたい

外注化を学びたい

無在庫×仕組化を学びたい

さらに大量に売りたい
さらに大量に利益を出したい。

そして、今があります。

全ての始まりは、

「赤字1000円のドラゴン○ールの特典の缶」

からスタートしたのです。

でも、そのときは全然悔しくなかったです。

だって、目的が利益をとるではなく、

「販売経験を積んで流れをつかむこと」
「アカウントを強くすること」

でしたから。

利益をとるためには
いくつかのステージに分けて
準備していかなければいけないことがあります。

「まずはとにかく売りましょう!」

そこから、次への課題が確実に見つかり、
自然と、自分だけの物販ストーリーがスタートしていきますから。

それでは、また。

 

メルマガ登録ここから【石井孝憲 公式メルマガ 】

Source: 石井 孝憲

【Amazon輸入ビジネス】利益-2万5000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です