【MYC通信】北朝鮮リスクにどう備える?

こんばんは!

無在庫輸入クラブMYCがお送りするMYC通信、
日曜日担当の東山あきです。

いや~、大谷翔平選手が大活躍していますね!
アメリカでは
「違う球団のファンだけどちょっと大谷のユニフォーム買ってくるわ」
という現象も起きてるようです。

Amazon.comのこんな大谷グッズはまだ日本で販売されていないのでねらい目かも。
今年の流行語候補になりそう!

https://goo.gl/nTuFko

 

JV新規ご利用の皆様へ

最近、新規でJVを使い始めた方も
多いため、改めてご注意事項を
まとめさせていただきます!

配送事情は日本とは違う

米国の配送事情は、日本とはかなり異なります。
日本のようにキッチリと頼んだものが届く訳ではなく
残念ながら数%の割合で、商品が日本に届かない
ケースも生じる可能性があります。

JV利用者をはじめ、過去多くのAmazon輸入経験者が、
このようなケースに遭遇しています。

★「MyUSに届かないケース」
セラーが発送した場合でも、例えば米国の配達員が偽サインをして
実際に商品がMyUSに届いていないというケースもゼロではありません。
(米国Amazonは顧客主義なので、届いていない事を主張すれば
返金してくれるケースがありますので、試してみてください)

★「TL物流に未入荷」
MyUSから日本に配送したのにTL物流に届いてない。
通関の開封時の荷抜け、海外輸送便の荷抜けが原因で
TL物流にて開梱したときに、ある荷物だけが入っていないケースもあり得ます。

これらは残念ながらJVスタッフでも防ぎようがなく、
米国及び国際配送事情のリスクとして
予めご承知おき頂ければと思います!

色違いや型番違いが届くこともある

Amazon.comも日本ほどキッチリしていません。
買付したものとは違う色、違うサイズ、違う型番が送られてくる
こともあります。

MyUSでは検品はしませんので、
日本のTL物流に届いた後、TL物流スタッフが
外装を目視確認して明らかに商品写真と異なるものについては
皆さまにお知らせしています。

このような場合は、皆さんがエンドユーザー様に確認の上、
その商品を配送するか、それとも辞めてご自身の自宅に配送するか、
もしくはTL物流で破棄するかをお選び頂きます。

しかし、外装だけでは分からないような違いがあった場合、
エンドユーザーに(写真と違う)商品が届いてしまうこともあります。

こういったケースは、日本の感覚からすると
理不尽に思えるかもしれません。

しかし、多くの成功しているユーザーさん達は、
例え1つ紛失したとしても、そのリスクも織り込み済みで
トータルで利益を出せばOKという考え方で運営されています!

もし、今後このようなケースに遭遇した場合は「ああ、このことか」
と慌てずにご対処頂ければと思います。

北朝鮮リスクにどう備える?

平昌五輪後、朝鮮半島の和平ムードが漂っていますが、
トランプ政権では、国務長官と大統領補佐官を対北朝鮮強硬派
の二人に変えたことで、このムードを一変させています。
5月~6月の米朝首脳会談に向け、緊張状態が続いている状況でしょう。

個人的には、米国最大の「病院船」が日本に向けて派遣された事が
少しだけ気になっています(-_-;)
米国は湾岸戦争の開戦前にも病院船を派遣していますので
万が一の米国の準備なのかもしれません・・・

もちろん、無事に解決するに越したことはないですし、
危機をあおるつもりもありませんから、ご安心ください!

万にひとつのリスクを想定して、
いざという時でも落ち着いて対応できるようにしましょう!

・為替リスク
「有事の円買い」と言われるように有事の際には
一般的に円高になる傾向があるようです。ただし色々な要素が
絡み合うので、どう動くかは一概に言えないようです。
大幅に動く可能性もあるので、ある程度資金に余裕を持たせておきましょう。

・配送リスク
米国本土への攻撃の可能性は低いため、米国内での配送混乱は
起きにくいと考えます。
しかし日本国内の空港利用の制限や、飛行機が運休になる
可能性はあるでしょう。
日本着のDHL便の運休リスクは想定にいれておきましょう。

・オペレーションリスク
3.11の時では、東京都内でも、会社員は出社せずに
自宅待機状態になった期間がありました。
日本が巻き込まれるリスクはゼロではありません。
外注さんを使われている方は、連絡が取りづらくなるリスクもあることを
念頭においておきましょう。

上記のようなリスクを考えると、有事の際には
販売ストップや、すでに販売したものについては
早々に顧客に返金してしまい、休店状況にする判断も必要かと思います。

生活や家族のことを第一に優先しなければならないときに、
Amazonの配送状況の心配までするのは大変ですよね。
何が自分にとっての優先事項かをシミュレーションしておきましょう!

もちろん、有事の際に凄く売れるものもありますし
それを必要とする人もいるので、
商売を続けるのも一つの判断かと思います!

備えあれば憂いなし、で頑張っていきましょう!

明日は大越師匠です!

本日もありがとうございました~

Source: SATS

【MYC通信】北朝鮮リスクにどう備える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です