【MYC通信】ZOZO town,Amazonから学ぶ〇〇

こんばんは!

無在庫輸入クラブMYCがお送りするMYC通信、
日曜日担当 サポート講師の宇都宮芳希です。

ゴールデンウィーク始まりましたね!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

どこに行っても人、人、人、、
なので、今日は参観日に行ってきました(笑)

まさかのゴールデンウィーク3連休のど真ん中にあるという、、

というわけで今日も張り切っていきましょう!!

 

Amazonプライム会員が、、

もうニュースでご存知の方が多いと思いますが、
「プライム会員が世界で1億人突破」しましたね。
世界の大手企業が、一挙手一投足に注目していることは間違いありません。

また、顧客もAmazonがない生活が考えられない状況ではないでしょうか?
米アマゾンが物流コスト増による年会費の値上げをしましたが、
日本も同じ流れになりそうな気がします。
かといって顧客離れは考えにくく、すでにEC市場ではAmazonが主導を握っているような感覚を受けます。
そして、他のECサイトも同じ流れになりそうです。

日々、Amazonの動きは要チェックですね!

顧客リスト、販売リスト、仕入れリスト放置してないですか?

ZOZO town,Amazonがオリジナルブランドを立ち上げていますよね。
ほぼ、売れないということはないと思います。

なぜなら、
“販売データをすべて持っているから”です。

いつ
どこで
何が

売れるか、すべてわかっているからです。

ここから、学べることは今無在庫輸入を行っているあなたが、
販売データ
顧客データ
仕入れデータ
をどのように扱っていますか?

無在庫輸入で一回の販売量は多くないとは思いますが、
売れる情報があることは確かです。

MYCのメンバーみなさんのメルマガを見ても、
”販売データを活かして”
次の販売につなげています。

仕入れデータもAmazon.comからレポートとしてダウンロードが可能です。
もしかしたら同じ仕入れ先から、何度も仕入れている可能性はあります。

電話番号がわかれば、SNSでコンタクトを取ることもできる時代なので、
直接仕入れの交渉ができるかもしれません。

今一度販売したデータから、ヒントを探してみましょう!!

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

明日は大越師匠の “M・M・N”です!!

お楽しみに!!

Source: SATS

【MYC通信】ZOZO town,Amazonから学ぶ〇〇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です