【Amazon輸入】トランプ大統領がアマゾンに対して課税を強化!その真相は

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランプ大統領がアマゾンに対してさらなる消費税を増税し、

独占禁止法を定めるなど、厳しい制裁を加えていることが明らかになりました。

果たしてその真相はどのようなものでしょうか。

トランプがアマゾンに規制強化

トランプがアマゾンに対して以前から懸念点があるということ、

税金を地方政府にちゃんと納めていないことををツイートで発表しました。

すると、アマゾンの時価総額と株価は一気にさがり、

トランプがさらに増税や独占禁止法の発令などで追い打ちをかけ、これまでの信用が一気に落ちてしまいました。

そういった経緯があり、企業成績が下がったことに対してアマゾンはトランプを提訴しています。

トランプのアマゾンに対する発言

トランプはアマゾンに対して以前から、「アマゾンは違反行為をくりかえしていた。

しかも税金をほとんど納めておらず、数千もの小売業者を廃業にまで追い込み、アメリカを崩壊させようとしてる。」

など、ネガティブな発言を繰り返していました。

これらの発言により、アマゾンの時価総額は530億ドル(約5兆6000億円)まで落ち込むことになりました。

トランプがアマゾンを嫌う理由

アマゾンに批判を受けたから

トランプがアマゾンに対して厳しく当たる理由としては、

アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏が発行するワシントン・ポスト紙がトランプの政策を痛烈に批判し続けていることが一つ。

小売り店舗を圧迫しているから

もう一つの理由は、トランプがアマゾンが安い価格で商品を納入することで、

小売店やショッピングモールなどの経営を圧迫しているという情報を聞いたからです。

ヨーロッパ諸国のアマゾンへの対応

アメリカだけでなく、ヨーロッパもアマゾンに対して規制を強化しています。

イギリス議会はトップ企業が税金を払っていないことに関する公聴会を開き、

そこでグーグル、スターバックス、アマゾンの3社が呼ばれました。

その中でアマゾンは自分たちの納税額に関する質問を避け、

法人税がどこまで支払われているのか全く答えようとしませんでした。

こういった対応を受け、ヨーロッパ各国の議会はアマゾンに対してさらなる増税や規制を進めていきました。

まとめ

トランプがアマゾンに対して増税をしていた理由は、アメリカの小売業者を圧迫し、

さらに自分への政策批判を繰り返すことに対する制裁でした。

今後アマゾンは包み隠すことなく全ての税金を支払っていかなくてはならないようです。

Source: SATS

【Amazon輸入】トランプ大統領がアマゾンに対して課税を強化!その真相は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です