【輸入ビジネス】輸入ビジネスとは?海外から輸入して稼ぐやり方

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスは、海外から仕入れて国内で販売して利益をだすやり方です。

ネット上ですべてを完結できる手軽さから、在宅でできる副業として根強い人気があります。

輸入ビジネスとは?

輸入ビジネスとは、基本的に海外商品を安く仕入れて、国内のネットショップやオークションを利用して販売することで利益をだすビジネスのことです。

主な仕入先としては、海外Amazon、海外ネットショップ、ebay、タオバオ、などで仕入れを行い、国内Amazon、ヤフオク、BUYMA、メルカリ、などで販売をおこないます。

輸入ビジネスはネット上で完結できる

現在ではインターネット上で手軽に海外商品を仕入れることができるため、仕入れから販売までを全てネット上で完結することができます。

そのため、在宅でできる副業として輸入ビジネスは人気があります。

現在では、海外仕入れから販売までをネット上だけで完結することができるため、在宅でできる副業として人気があります。

輸入ビジネスの特徴とは?

手軽さが人気の秘訣

普通のビジネスを始めるためには、数百万円の資金が必要になりますが、輸入ビジネスは個人で気軽に始めることができます。

また、梱包や発送といった面倒な作業も、代行するサービスを利用することで、仕事で時間の取れないサラリーマンでも、無理なく始めることができます。

ショップの集客力を利用できる

輸入ビジネスでは、Amazonやヤフオクなどのプラットフォームを利用して販売を行います。

どんなビジネスでも、お客さんを集客できるかどうかが成功のための大きなポイントとなるのですが、Amazonやヤフオクを利用することで、抜群の集客力を活用することができます。

Amazonなどのネットショップは24時間365日休まず営業しているので、よほど人気のない商品を仕入れない限りは、集客の心配をする必要がありません。

輸入ビジネスで稼げる理由とは?

海外商品は、国内では割高で販売されている

日本国内で輸入品を買おうとした場合、正規品の海外商品は2倍~3倍の価格で売られていることも珍しくはありません。

これは、日本国内で販売するための人件費や手数料が商品価格に上乗せされているためです。

海外サイトを利用すれば格安で購入できる

輸入ビジネスに限らず個人で購入する場合にも、海外サイトを利用して格安で商品を購入する消費者が増えています。

これを、副業レベルまで発展させたのが輸入ビジネスです。

海外輸入品は国内での販売価格と大きな利ザヤを狙える商品が複数存在しているため、そのコスト差を利用して継続的に稼ぎ続けることができます。

まとめ

輸入ビジネスは、インターネットさえあれば始められる手軽さから、在宅でできる副業として人気があります。

google翻訳を利用すれば英語力も必要なく、誰でも気軽に始めることができるため、副業からはじめて毎月100万円の利益を出すようなケースも少なくありません。

個人ではじめて大きな利益を狙えるのが、輸入ビジネスの醍醐味です。

Source: SATS

【輸入ビジネス】輸入ビジネスとは?海外から輸入して稼ぐやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です