マリオットプラチナチャレンジ2stay目は、インスタ映えしかしないモクシー大阪本町で!

こんにちは。
6月初日ということで、クレカネタでも。
2020年秋にマリオット「モクシー大阪新梅田」の開業もアナウンスされたモクシーホテル。
矢継ぎ早になされた国内既存ホテルのマリオットホテルへのリブランディングにモクシー早くも国内3つめと巨大資本マリオットの日本進出への勢いはますます加速している模様です。

で、私は5月の最終週に昨年開業したばかりのモクシー大阪本町に宿泊してきました。

こちらの記事で紹介したマリオットプラチナチャレンジの2滞在めとなります。


じゃあ私もやりましょう!ってことでラストチャンスかも?なマリオットプラチナチャレンジ最新情報 with SPGアメックス(2018年5月9日現在)

こんにちは。 三度の飯よりおもろい情報ということで日々暮らしていおりますが、4月のとある発表以降、とある界隈でガヤガヤ・ザワザワとめっさ白熱した情報が国内外で飛び交っているもんがあります。 もちろんT …

続きを見る

マリオットからのファイナルアンサーも出され、8月以降はSPGアメックスリンクによるマリオットゴールドエリート会員はプラチナ資格付与なし、まんまゴールド止まりが確定しました。
つまり、ラウンジアクセスなし、朝食なし、レイトチェックアウト午後2時までと、もはやSPGアメックスを保持することすら意味あんのという感じになります。
でもま〜これは当然といえば当然で、合併後のゴタゴタ期間に生じていたマジカルなベネフィットを一定期間享受できただけでも良かったとしないと。
 
ところがところが、そんな状況に追い込まれたSPGアメックスホルダーたちを8月のマリオットプラグラム統合後、一気にプラチナの一つ上プラチナプレミアへとブーストさせてくれのがマリオットプラチナチャレンジなわけです。

マリオットデスクにTELして受付完了後、3ヶ月以内に9滞在すればいいわけですが、その条件もプログラム統合前の7月いっぱいまでに達成と、条件は日に日に厳しくなっていきます。

さらにそのプラチナチャレンジも、SPGアメックス作って、マリオットへリンクアカウントしてゴールドエリートにステータスマッチ、ですぐにプラチナチャレンジ宣言して・・・っていう人が拒否られるケースも出ているようですので、プラチナチャレンジ目的のSPGアメックス作成はもうオススメできません。

マリオットデスクに電話してプラチナチャレンジって今からでも大丈夫ですかという一般的な質問への回答が拒否られ、必ず会員番号を問われ個別にできるかどうか回答されてる模様です。
なんでマリオットホテルグループへの宿泊実績ゼロとか、たまってるリワードポイントゼロとかっていう場合はプラチナチャレンジ自体が危ぶまれる感じなのかな。人のブログいろいろ読んでの未確認記事ですのではっきりとは言えませんが( ̄□ ̄;)

で、モクシー大阪本町なんですが、一歩中に足を踏み入れると、これまで泊まってきたマリオットとはまるで違う香りとカラーに視線が泳ぎます。
真正面からの写真撮りたいのにスマホ片手に銅像のように動かない訪日外国人の方が・・・
後ろ姿だし、人物特定不可ということでモザイク処理割愛させていただきます(o;TωT)o
⬇
IMG 0023
IMG 0024
エントランス入ってすぐにある長テーブルに色形バラバラなチェアー。
⬇
IMG 0080
何かしらこういった物が置いてあります。
⬇
IMG 0127
あと昔懐かしい小道具備え付けソファーとか。
⬇
IMG 0134
IMG 0139
このバーカウンターの真正面がホテルチェックインカウンターというとんがりぶり!
⬇
IMG 0125
IMG 0131

ゴールドエリート特典として、ドリンク1杯と朝食が無料です。
んでこのバーは24時間営業しています。
夜中寝る前の1時半ごろ部屋から降りていってドラフトビール飲みました。
宿泊客の8割が外国人って感じです。
1階はこういった小部屋が何個かあって遊び心満載です。
⬇
IMG 0085IMG 0084
IMG 0083

1階フラフラと歩き回って思ってことはかなり好みの分かれるホテルであることは間違いないです。
ゆっくりホテルで落ち着いつきましょ!っていう嗜好の方には向かないと思います。
モクシーカラーからしてピンクですから、どこにも落ち着く要素ありません(-^〇^-)
逆に音楽やアートが好きな人にはいろいろ刺激があっていろんなアイデア紡ぎ出すには最適な空間かもしれません。
日常そのものが落ち着きのない私はめっさ気に入りました。
視線を移すたんびにいい感じで脳内撹拌される感じです。

でエレベーターに乗って部屋へ。
誰やねんガラス壁に落書きしてんのはって思ったらホテルの告知でした。
⬇
IMG 0026

IMG 0027
IMG 0028
IMG 0029
IMG 0031
パジャマはチェックインカウンターで受け取ります。
IMG 0032
IMG 0033IMG 0034IMG 0035IMG 0036IMG 0037IMG 0038IMG 0039IMG 0040IMG 0041IMG 0043
IMG 0058IMG 0059

デザイナーズマンションの一室かってくらい、備え付けられてるもの全部おしゃれです。
こんな部屋で毎日暮らしたいわ〜( ^∇^)

バスルームも機能美で溢れています。
⬇
IMG 0046IMG 0047IMG 0048IMG 0044IMG 0045
ミライズと名付けられたペットボトルのお水です。冷蔵庫がないのが残念!
⬇
IMG 0049IMG 0050IMG 0051
この漆黒のどでかいシャワーヘッドかっちょえー(/^▽^)/
⬇
IMG 0053IMG 0054IMG 0055IMG 0056
 
ちなみにシャワールームのピンクのボトルはじめ見た時あれ!?一つ足らんやんって思いました。
シャンプーとリンスとボディソープで3つないとでしょ。
って思った瞬間脳裏に以前読んだ誰かのモクシー大阪滞在記の記事が浮かび、そういやリンスインシャンプーだったから翌朝髪バシバシになったと書いてあったことを思い出しました。
例に漏れず私の髪も翌朝、なにげに艶のないバシッとした感じになってました。
ここだけはマリオット定番アメニティTHANNをおいてくれと思いましたわ!もう( ̄□ ̄;)

で上の方に書いたように夜1時半ごろ下のバーまで降りていってドラフトビール飲みました。
ピンクピンク!!!
⬇
IMG 0066IMG 0067
眼の前シンク丸出しで、このあたりもマリオット感ゼロです。
まじで心斎橋・難波あたりによくあるバーに来てる感じ。
⬇
IMG 0101

モクシー大阪の金・土はDJ nightとなっており、なんかとっても楽しそう!
IMG 0064

何度かこのブログでも書いていますが、私はクラブミュージック、特にトランス系の音楽大好きでもう20代の頃からずーっと聴いています。
んでよく週末は大阪ミナミのクラブで過ごすってのが常でした。30手前くらいまでo(‧”’‧)
いつの頃からか非合法ドラッグ問題や騒音の規制が厳しくなったりでどんどんクラブが閉店していったんですよね。なんかとっても上からの作為感じましたけどね。
スペインのイビサみたいにそれこそおじいちゃんやおばあちゃんもクラブで踊って楽しむみたいな文化はここ日本で根付くことはなかったわけです。
悲し.・゜゜・(/。\)・゜゜・.
まさかその十数年後、ebay輸出の仕入れ目的で足繁く心斎橋〜難波〜日本橋に通うことになるなんて当時1ミクロンたりとも想定にない未来ですけどね。

ちなみにこういう美し目のやつが好きでyoutubeだとuplifting tranceとかemotional tranceとかでいろいろ出てくると思います。
⬇

そんな音楽話し興味ないから次行けという声が聞こえてきたので先をいそぎましょう。

で翌朝ですが、マリオットゴールドエリート特典付属の朝食を食べにエレベーターをおります。
あえて2階でおります。
このホテル2階もまたいろいろインスタ映えする品々の数々が陳列してあって面白いんです。
⬇
IMG 0104IMG 0105IMG 0106IMG 0107IMG 0109IMG 0111IMG 0113IMG 0114IMG 0115IMG 0117IMG 0118IMG 0119
IMG 0100
IMG 0121
グルーーーット回って到着!
⬇
IMG 0123

マリオットホテル滞在の朝食ビュッフェとは比較にならないくらい品数少なめです。
うん?!朝食メニューの写真が一枚もない。
絶えず人がいて撮れなかったんだ。
ということで食器の写真だけ・・・
IMG 0087IMG 0088IMG 0089IMG 0081

プレートに乗ってるあれこれとデニッシュパンとヨーグルト2個食べて、ジュースを3杯くらい飲んでお腹いっぱい。ちなみに朝の定番メニューはオーダーしていただくラーメンで、周りの方だいたいそれ頼んでました。
朝からラーメンはわて無理(ΦωΦ)

外国人の方皆さんフレンドリーで朝は視線が合うたびグッドモーニングと声をかけてくれました。
最後にホットコーヒーとカットしておいてあったオレンジを食べて、お部屋にもどります。
そのまえにここにすわってiPhoneでバイヤーさんからのメッセージチェック。
⬇
IMG 0097
こっからの眺めもいいな〜
⬇
IMG 0098IMG 0099

で部屋に戻り、外泊用カバンの中に入れっぱになってた「グレイテスト・ショーマン」のパンフをみつけ、あっそうだってことでこちらの記事を書いたわけです。日々の行動だいたいこんなふうに思いつきまかせ~ヾ(^∇^)
⬇

上記記事の中のこの写真はモクシー大阪の部屋の中で撮ったのでした。
⬇
IMG 0062IMG 0061

3時までのレイトチェックアウトを頂いていたので、昼寝までしてゆっくり過ごせました。

ということでマリオットプラチナチャレンジ2stay目、モクシー大阪本町レポート終了です。

地元大阪のホテルなんで身体的リフレッシュ感はありませんが、奇抜な異空間モクシー大阪のなかで脳内的リフレッシュ感は大いにあったと思います。
(●⌒∇⌒●)
プラチナチャレンジ達成まであと3、4泊はお世話になるかもしれません。
ではでは☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ

Copyright © 2018 さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ All Rights Reserved.

Source: 岩井 一志

マリオットプラチナチャレンジ2stay目は、インスタ映えしかしないモクシー大阪本町で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です