【海外最新情報】海外で抹茶が大ブーム!アメリカだけでなく豪州でも

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健康志向の強いニューヨーカーやL.Aの人たちに、今、日本の「抹茶」が大ブームとなっています。

日本でも、緑茶はペットボトル飲料として広く飲まれていますが、抹茶となるとかき氷やアイスクリームは別として、お茶会の時にかしこまって飲むものというイメージがあります。ところが、アメリカでは抹茶を自宅で楽しむだけでなく、何とコーヒーの代わりにカフェやオフィスで頻繁に飲まれているといいますから、驚きです。

といっても、アメリカ人が茶筅で茶碗の中をくるくると泡立てて、茶室で抹茶を嗜んでいるわけではありませんが、抹茶がブームとなっている背景には何か秘密があるといいます。このような、海外での抹茶ブームについて、その成り立ちや抹茶の魅力について紹介します。

そもそも抹茶とは?

日本ではポピュラーな緑茶を始め、色々なお茶がペットボトル飲料として販売されています。当然、抹茶も少数ながら、ペットボトル商品が存在しますが、コンビニやスーパーなどで見かけることはあまりありません。では、抹茶とは一体どのような茶葉のことを言うのでしょうか?

抹茶は日陰で育った優秀な茶葉

抹茶は、緑茶と同じお茶の木から製造されています。違うのは栽培方法で、野外に一面に広がる茶畑では、太陽の光をいっぱいに浴びて育てられていますが、これらは通常のお茶の葉(煎茶)です。抹茶も同様に、太陽光を与えて栽培されますが、異なるのはある一定期間(4月上旬から5月)は、黒い覆いをかけて日光を遮断して育てることです。

日光を遮断することで、お茶は太陽を求めて上へと伸びようとし、枝が長く太くなる分、抹茶に適した薄くて柔らかい葉が出来上がります。

抹茶はうまみ成分テアニンが豊富!

抹茶の特徴は、うまみ成分であるテアニンが豊富で、渋みを出すタンニンが少ないことです。抹茶のうまみを味わうには、やはりペットボトル飲料では難しいのでしょう。

抹茶のペットボトル商品は、JA西三河から「西尾の抹茶 和(なごみ)」が販売されています。こちらは、日本有数の産地である愛知県西尾市の抹茶と、不純物の入らない「純水」を使用したこだわりの商品です。価格は税込300円と高いですが、現在の抹茶ブームにおいて、ぜひ注目したい商品でしょう。

N.YやL.Aで人気の抹茶カフェ

アメリカでは現在、自然食を好む健康志向の人たちをターゲットとした「抹茶カフェ」が人気となっています。

N.Yにある「Cha Cha Macha」は、モデルご用達のお店としてファッション誌でも紹介され、抹茶ラテを使ってモデルの似顔絵を描いたラテアートなどでも人気です。同じN.Yが発祥で、3店舗目をL.Aにオープンした人気のカフェ「Macha Bar」は、日本の西尾産の抹茶を使用しているとして注目を集めています。

パウダー状の抹茶で自由な飲み方を好む

アメリカ人の抹茶の飲み方は日本とは異なり、好みのやり方で抹茶を楽しんでいます。ミルクを入れた抹茶ラテを始め、はちみつやミント、ジンジャーやターメリックなどのフレーバーを加えるのがスタンダ―ドです。ラテのミルクには牛乳ではなく豆乳を使うなど、自然派らしいこだわりを見せているのも興味深いです。抹茶は、バウダー状にしたものを材料にしています。

ついに豪州でも抹茶カフェがオープン!

抹茶ブームは海外で大きな広がりを見せ、最近オープンしたのは、オーストラリア メルボルンにある「Macha Mylk Bar」です。こちらでは抹茶パンケーキやスムージーなどオリジナルメニューが充実し、人気を集めています。

海外で注目される抹茶の効能

海外での抹茶は、今や「Macha」という日本語でも通じるほどポピュラーとなり、その健康効果に注目が集まっています。抹茶には、脂肪燃焼やアンチエイジングに効くカテキンや美肌効果のサポニン、リラックス作用のテアニンといった栄養素が含まれています。

特にテアニンのリラックス効果は、コーヒーよりも優秀とされ、仕事により集中できるとして、ビジネスマンを中心に抹茶が好まれています。

中国産より日本産に人気が集まる

海外の人たちは、価格の安い中国産よりも日本産の抹茶を好んで選んでいるといい、その理由は、味や品質に大きな差があるからです。

日本産と違って中国産の抹茶は日陰で栽培せず、手間のかかる茶葉の乾燥をせずに窯でいぶし、また違法な農薬の使用も疑われます。実際に飲んでみると、中国産は強烈に苦いのが印象的で、日本の抹茶とは似て非なる物だとわかります。

まとめ

海外での抹茶ブームについて紹介しました。医療先進国であるアメリカで、もっとも健康に優れた食品として、抹茶に注目が集まっています。

海外での抹茶はカフェだけでなく、「Seven Teas」というブランドから瓶入りドリンク飲料も販売されています。こちらはamazonなどでもまだ取り扱っておらず、抹茶ブームの今、ぜひチェックしておきたい商品でしょう。

Source: SATS

【海外最新情報】海外で抹茶が大ブーム!アメリカだけでなく豪州でも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です