【海外最新情報】テニス人気が急上昇中!全米オープンテニスの魅力

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月に開催された2018年のウインブルドン テニス世界選手権(全英オープンテニス)は、女子シングルスがドイツのアンゲリク ケルバー選手、男子シングルスはノバク ジョコビッチ選手がそれぞれ王座を獲得し、期待の錦織 圭選手は惜しくも準々決勝で敗退という結果になりました。

しかし、グランドスラムと呼ばれる世界テニス四大大会は、まだあと一つ、全米オープンテニスが残っています。ウインブルドンでは宿敵ジョコビッチに敗れた錦織選手は、その雪辱を晴らすためにも大いに活躍が期待されます。このような、全米オープンテニスの見どころや、観戦する方法などを紹介します。

テニス グランドスラムって?

グランドスラムとは、全豪・全仏・全英・全米の世界四大テニス大会のことで、テニスの世界選手権のうち、もっとも栄誉ある大会のことです。

年間シーズンで最初に開幕するのが、オーストラリア メルボルンで開かれる全豪オープンで、毎年1月に行われます。次が5~6月に開催される全仏オープン、その次が全英、そして最後が8月の全米オープンとなります。

全米オープンテニスの魅力とは

四大大会でもっとも歴史が古いのは、1877年から行われているウインブルドン テニスですが、全米オープンテニスは、四大大会のうち最高に権威のある大会とされています。

全米オープンテニスの優勝賞金は?

最高権威の大会だけに、2018年の全米オープンの賞金総額は何と5,300万ドル(約60億円)と発表され、史上最高だった昨年の5,040万ドルを大きく上回っています。これにより、男女シングルスの優勝賞金は380万ドル(約4億3,000万円)になります。

試合会場は?

全米オープンテニスは、アメリカ ニューヨークにあるビリージーン ナショナル テニスセンターで開催されます。こちらはマンハッタンから車で24分、電車で43分のところにあるフラッシングメドウズ コロナパーク内にあり、MLBのニューヨーク メッツの本拠地、シティフィールドもこの中にあります。

使われるコートは?

全米オープンテニスはハードコートで行われ、芝のウインブルドンやクレー(赤土)の全仏に比べてイレギュラーバウンドが起こりにくく、選手が能力を発揮しやすいステージであり、また実力の差がはっきりと出やすいコートとも言えます。

決勝が行われるのは、2万人もの観客が収容可能な「アーサー アッシュ スタジアム」で、開閉式の屋根がついた全天候型のテニスコートです。広さだけでなく、試合の合間に豪華なレストランやラウンジルームでくつろげるなど、充実した設備が魅力です。

アーサー アッシュ スタジアムは全席指定となっており、専用の観戦券がなければ中に入ることはできません。

テニスがなくても楽しめる大イベント

全米オープンテニスは、観客動員数や賞金総額など世界最大規模のテニスイベントであり、会場内はもうお祭り騒ぎといった雰囲気でにぎわいます。大会期間中は40もの飲食店が出店し、ニューヨーク中のおいしいものが食べられます。

フードコートでも試合が楽しめる!

おすすめは、屋外フードコートにあるチェダーチーズたっぷりのチーズステーキサンドイッチで、毎年大人気です。フードだけでなくお酒を楽しむこともでき、ビールはもちろんのこと、カクテルや、何とマティーニまで販売されています。

フードコートには大きなモニターが設置され、飲み食いしながら試合を観戦したり、スタジアム内にも持って入ることができ、日本ではとても考えられない魅力がたくさんあります。

全米オープンテニスを観戦する方法は?

全米オープンテニスを観戦するには、まず現地ニューヨークへと飛びます。羽田空港からニューヨークのJFK空港までは直行便で12時間40分です。そこから会場までは車で21分、電車で53分かかります。英語ができるなら、空港からレンタカーを借りるのも良いでしょう。

チケットの購入方法は?

チケットは、全米オープンテニスの公式サイトから購入できます。こちらは座席指定まで可能で、支払いはクレジットカードで決済します。もちろん、すべて英語で書かれているため多少の英語力は必要でしょう。

他には、座席指定はできませんが、国内の販売業者や旅行会社のパックツアーを利用する方法もあります。また、会場への入場券だけなら、現地で直接手に入れることも可能です。

まとめ

全米オープンテニスの魅力や、楽しみ方について紹介しました。テニスファンなら、一度は選手たちの活躍を現地で直接見てみたいでしょう。決勝戦の観戦チケットは、何と100万円というとんでもない高額です。好きな選手の試合を観るには、一回戦ならペアで600ドル程度とずっと安いため、おすすめでしょう。

全米オープンテニスは、WOWOWにて全試合が放映されています。会場まで行けない人は、ぜひテレビで観戦して楽しみましょう。

Source: SATS

【海外最新情報】テニス人気が急上昇中!全米オープンテニスの魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です