【海外最新情報】トレランブームはいよいよ海外遠征へ グラン レイド デ レユニオン

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通常は歩いて行く登山道やトレッキングロードを、ランニングで走破するヘビーデューティーな競技、トレラン(トレールランニング:Trail running)は、海外でのブームを皮切りに日本でも流行しています。特に、マラソンが好きな人は、大自然の魅力を堪能しながらランニングを楽しめるとあって、非常に人気の高いスポーツとして定着しています。

盛り上がるトレランブームを背景に、国内のみでなく、海外へと遠征してレースに参加する人がいます。特にインド洋に浮かぶ小さな島、フランス領 レユニオン島で行われる「グラン レイド デ レユニオン」は、雄大な景色とコースの過酷さから注目を集め、参加者が増え続けています。このような、トレランフリークに大人気のレース、「グラン レイド デ レユニオン」の魅力を紹介します。

世界一盛り上がるレース グラン レイド デ レユニオン

グラン レイド デ レユニオンが行われるフランス領レユニオン島は、アフリカ南東部沖の島国 マダガスカルから東へ800km、インド洋に浮かぶモーリシャス島の西175㎞にある、総面積2,152平方キロメートルの大きな火山島です。

世界遺産に認定された美しい島

レユニオンは、ピトン デ ネージュ(標高3,069m)とピトン ドゥ ラ フルネーズ(標高2,632m)の二つの火山(ピトン ドゥ ラ フルネーズは、現在も活発に活動中)を中心とした、3つの自然圏谷(けんこく:椀状にえぐられた谷。カール)が生み出す風光明媚な景色が印象的な島です。驚くほど高くそびえる山の稜線や高原に生い茂る手つかずの森林、世界でも類を見ない爆発的な雨量により、断崖を流れ落ちる美しい滝の数々から、世界自然遺産に登録されています。

10万人以上の観衆で盛り上がるスタート

世界的な観光地として知られる、レユニオン島 最大のイベント、グラン レイド デ レユニオンには、毎年2,600名ものランナーが参加します。深夜23時に行われるスタートには、世界中から10万人以上という多くの観衆が集まり、これから始まる過酷なレースを大いに盛り上げて、そこに立つだけでも一生忘れられない光景として胸に刻まれるでしょう。

美しい自然に隠された地獄のような難所に挑む

世界有数のトレイルレースの一つ、グラン レイド デ レユニオンの中でもっとも過酷なのが、総走行距離163kmで累計標高が何と9,920mの高さを登る、「The Diagonale des Fous:愚か者が行く対角線」と呼ばれるカテゴリーです。レースは名前の通り、島の西側から東へと対角線上に進み、北部沿岸にある島の中心都市サン ドニを目指します。
コースは、高々とそびえる山の周囲を、想像もつかない激しいアップダウンを繰り返しながら突き進んでいきます。時折現れる、目が覚めるほどの絶景を横目に、平地と高地では20度を超える温度差の中を、切り立った断崖や雨でぬかるんだトリッキーな林道といった過酷な道にチャレンジします。

トレランジャンキーにふさわしいアドベンチャー

方向感覚を失いそうになる延々と続くサトウキビ畑(誘導スタッフなし)、気力と体力を消耗する険しい登り、足元をすくわれる岩場やガレ場といった、まさに地獄のような難所の数々が待ち受け、挑戦者のフィジカルを激しく追い詰めます。「The Diagonale des Fous:愚か者が行く対角線」は、その美しさと過酷さから、トレランに取り憑かれたジャンキーにふさわしいアドベンチャーとなるでしょう

グラン レイド デ レユニオンに参加するには?

世界有数のトレイルレースの一つ、グラン レイド デ レユニオンが開催されるレユニオン島へは、日本からドバイ経由でモーリシャス島へと飛び、そこで一泊します。翌日に飛行機でレユニオン島へ向かい、ホテルで深夜23時に行われるスタートに向けて備えます。

日本からモーリシャス島へ行くには、東京・大阪からドバイ空港まで10時間40分、ドバイからモーリシャス島のマエブール空港までが7時間ですが、ドバイでの乗継時間を入れるとほぼ丸一日かかります。モーリシャスで一泊した翌日、レユニオン島へは、飛行機を利用して45分で到着します。

まとめ

話題のトレラン、グラン レイド デ レユニオンについて紹介しました。2018年のグラン レイド デ レユニオンは、10月18日に開幕します。日本からはとても遠く費用も掛かりますが、トレランフリークなら一生の思い出となる世界有数のレース、グラン レイド デ レユニオンをぜひチェックしましょう。

Source: SATS

【海外最新情報】トレランブームはいよいよ海外遠征へ グラン レイド デ レユニオン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です