【海外最新情報】夏の夜を彩るカリブの風 レゲトン音楽でアゲアゲDancing

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日は名古屋市で最高気温40.3℃を記録し、これまでの最高気温を何と76年ぶりに更新したと報道されました。
日本特有の蒸し暑さは外国人観光客を唖然とさせており、おきまりの観光スポット 浅草寺を訪れた人たちは「東京は暑い!」と驚きの声を上げています。

2018年の猛暑は本当に厳しく、夜になっても暑さは弱まりませんが、暑ければ暑いほど調子よく盛り上がるのがラテンミュージックです。
中でもレゲトンは、思わず踊りたくなる最高のリズムと、熱く燃えたぎる情熱的なサウンドで、真夏の熱帯夜をどこまでもアゲアゲにトリップさせてくれます。

夏の夜には、これ以上ないほどに心を潤してくれる、おすすめのラテンミュージック、レゲトンを紹介します。

日本の夏におすすめのレゲトン

レゲトンとは、1980年代にプエルトリコの音楽家たちによって生み出された、新しいラテン音楽です。
レゲトンは、プエルトリコの公用語であるスペイン語のレゲエソングをベースに、アメリカンストリートで誕生したヒップホップの要素を盛り込み、そこにプエルトリコ音楽独特のサルサやボンバを組み合わせたものです。

ヒップホップに見られる攻撃的な印象はなく、とにかく能天気に歌って踊って楽しもうといった、南国らしい陽気なムードに溢れているのがレゲトンの大きな魅力です。

Daddy Yankee(ダディ― ヤンキー) 「Dura」

2004年に発表したシングル「Gasolina」の大ヒットで一躍脚光を浴び、この曲が収録されたアルバム「Barrio Fino」が、全米でミリオンセラーを獲得した、レゲトン界を牽引するアーティストがDaddy Yankeeです。
41歳になった現在もその勢いは衰えず、最新曲「Dura」でも、エネルギッシュなボイスとダンスでファンを魅了しています。

Shakira(シャキーラ) 「Perro Fiel」

2010年のFIFAワールドカップ公式ソング「Waka Waka」でおなじみのShakiraは、レゲトン界一の歌姫として知られています。
40代とはとても信じられない美貌とスタイル抜群のボディによる、背骨がバラバラになりそうな動きを見せるダンスは、危険なほどに刺激的で、男女を問わず誰もがうっとりしてしまうでしょう。

「Perro Fiel」は「ぺロ フィエール」と読み、「忠実な犬」という意味があります。すぐそばにいるのに、こんなにも愛しているのにかみ合わない男女の想いを、ラテン流に熱くストレートに語ったラブソングです。Shakiraにfeatureされた、Nicky Jamとの息がぴったりのこの曲は、歌詞の意味が分からなくてもハートで伝わる素敵な曲です。

Maluma(マルマ)「Felices los 4」

コロンビア出身で24歳のシンガーMalumaは、レゲトン界でもっとも注目される若手ミュージシャンです。
先日行われたFIFAワールドカップロシア大会で、コロンビア代表チームを応援するため現地にて滞在していたMalumaは、外出中にホテルの部屋に泥棒に入られ、何と8,600万円相当の所持品を盗まれたことで世間を騒がせました。

「Felices los 4」は、あまり誠実でない彼女との関係と、彼の気持ちを綴った曲です。「君は去っても、いつもまた僕のところに来る」と歌うMalumaの、溶けそうに甘い歌声とキュートなマスクが、女性たちを虜にして止まないレゲトンソングです。

J.Balvin(J.バルビン) 「Ambiente」

昨年発表された、ビヨンセをfeatureしたWilly Williamとのコラボ曲「Mi Gante」が、世界的な大ヒットとなったJ.Balvinは、2018年のサマソニに初来日することが決定し、日本のクラブシーンを大きくにぎわせています。

最新曲「Ambiente」は、YouTubeの視聴回数が1億9,700万回という驚異的な数字を記録している、J.Balvinの魅力を満載したリゾート気分モリモリの名曲です。

Yandel(ヤンデル) 「Mi Religion」

Yandelは、プエルトリコ出身のレゲトンアーティストで、レゲトン界を代表するシンガーの一人です。WISIN Y Yandelというユニットでも活動するYandelは、Daddy YanKeeとのコラボ曲「Moviendo Caderas」を始め、決して「病んでる」などとは言わせない美しい歌声と、切れのあるラテンダンスでレゲトン界をリードし続けています。

「Mi Religion」は、Yandelの最新アルバム「Update」の収録曲です。「Mi Religion」は「私が信じるもの」という意味で、ラテンのリズムに乗せて綴るYandelのメッセージを感じさせる、センチメンタルな曲となっています。
果てしない荒野を、白いランボルギーニでぶっ飛ばすYandelの姿が、最高にイカしたPVにも大注目です。

まとめ

この夏の熱帯夜を最高に楽しめる、おすすめのレゲトンミュージックを紹介しました。
もうどうしようもないほどに体力を消耗させる、今年の酷い暑さに、ふらふらになって家にたどり着いた時には、ご機嫌なレゲトン音楽を聴いて気分をリフレッシュするのがおすすめです。
レゲトンを聴けば、疲れ果てげっそりした心もたちまち活力を取り戻し、思わず「Massimo!:マッシーモ!(最高!)」と叫んでしまうでしょう。

Source: SATS

【海外最新情報】夏の夜を彩るカリブの風 レゲトン音楽でアゲアゲDancing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です