【海外最新情報】冷徹な女刑事が血も凍る凶悪事件に挑む ドラマ「THE BRIDGE」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、北欧で制作された海外ドラマ「THE BRIDGE」が、世界中で人気が沸騰しています。
海外ドラマはアメリカで制作された作品が大半ですが、「THE BRIDGE」は、世界的な大ヒットとなったデンマークのドラマ「THE KILLING」を手掛けた制作陣と、スウェーデンの脚本家がタッグを組んで撮影した作品です。

スウェーデンとデンマークを結ぶ「オーレスン リンク」を舞台に、マルメ署の冷徹な女刑事と、コペンハーゲン警察で働く遊び人風男性刑事のコンビが、謎めいた殺人事件に立ち向かう刑事サスペンス「THE BRIGE」を紹介します。

スウェーデンとデンマーク 両国を又に掛けた奇妙な事件

スカンジナビア半島の国 スウェーデンと、隣の国 デンマークとの国境 エーレスンド海峡。その両岸に位置するスウェーデン南部の大都市マルメと、デンマークの首都コペンハーゲンとをつなぐ、長大な橋と海底トンネルで構成されたルートがオーレスン リンクです。

世界最長クラスの橋ですべては始まる

マルメから、エーレスンド海峡の真ん中に浮かぶ人工島 ぺベルホルムにある海底トンネル、ドログデン トンネルまでを結ぶ、全長7,845mという世界最長クラスの橋が「オーレスン橋」です。
ドラマ「THE BRIDGE」は、深夜のオーレスン橋で起きた奇妙な事件から、物語が幕を開けます。

橋の上にこつ然と置かれた遺体

昼夜を問わず、絶え間なく車が行き交うオーレスン橋。橋の途中には、スウェーデンとデンマークとの国境があります。
両国の人々は、この橋ができたことでいつでもパスポートなしで行き来することができ、いつしか「愛の橋」と呼ばれるようになりました(現在は、移民対策のために検問所が設けられています)。

深夜のオーレスン橋で突如停電が発生し、橋の照明がすべて消えて真っ暗になるシーンからドラマは始まります。
停電していた時間はわずか45秒、確認のために管理する職員が橋へと向かいますが、橋の上にはある異変が…。
連絡を受け、現場に駆けつけたコペンハーゲン警察の刑事マーティンが目にしたのは、道路上にこつ然と放置された女性の遺体でした。

奇妙な遺体を前に出会う二人の刑事

マーティンが来てすぐ、オーレスン橋のスウェーデン側から、一台の車が現場へとすべり込んできます。車種は70年代の古い空冷のポルシェで、色は薄いオリーブ、降りてきたのは金髪のスレンダーな女性、マルメ署に勤務する刑事サーガでした。

遺体が誰かを知っているサーガは、これはスウェーデン側の管轄だとマーティンに言います。遺体の女性はスウェーデン人なら誰もが知っている、スウェーデン市町村議会の議長シャスティン エークバルでした。

現場検証を終えて遺体を運ぼうとすると、とんでもない事態が判明します。何と、遺体は上半身と下半身との間で真二つに切断されていました。

遺体は上下が別人だった!

マルメ署の監察医が遺体を調査した結果、二つに切断された遺体の上半身は、確かにエークバルクの物でしたが、何と下半身はまったく別の女性の物でした。サーガはコペンハーゲン署のマーティンに連絡し、事情を説明すると、三年前に行方不明となっていた娼婦モニックが浮かび上がり、遺体の下半身は彼女だとわかります。

一体なぜこのような奇妙なことをしたのか、謎は深まるばかりです。困惑するサーガとマーティンに、ついに犯人からの声明が届きます。
これはただの序章に過ぎない、始まりはこれからだ。そう警告した犯人を追跡すべく、マルメの女刑事とコペンハーゲンの男性刑事、国境を挟んだ二人による合同捜査が開始されます。

冷徹なサーガと温和なマーティンの掛け合いが見どころ

The Bridge…Programme Name: The Bridge – TX: 04/01/2014 – Episode: The Bridge – series 2 – ep 2 (No. 2) – Embargoed for publication until: n/a – Picture Shows: Martin Rohde (KIM BODNIA), Saga Nor?©n (SOFIA HELIN) – (C) ZDF – Photographer: Carolina Romare

ドラマ「THE BRIDGE」の見どころは、二人の刑事による掛け合いの面白さです。
有能ですが何事にも冷徹で、他人の感情をかえりみないサーガと、いつも穏やかで気さくに誰とでも仲良くなれる、温和な性格のマーティン。
おたがいに長所も欠点もある二人の刑事が、難解な事件をいかに解決してゆくのかがドラマの見どころとなります。

両国が抱える社会問題に焦点があてられた作品

「THE BRIDGE」の魅力は、単なるサスペンスドラマではなく、現実の社会問題に焦点をあてたところです。
国別の幸福指数では、第4位と第9位にランキングされるデンマークとスウェーデンですが、それは国民全体における公務員の割合が、28.7%と30.5%と高いことが背景にあります。
両国ともに、社会の標準的な地位から取り残された、極度の貧困にあえぐ人たちが多く存在しています。
「THE BRIDGE」は、現実社会に潜む矛盾点を、深くえぐり出した作風がリアリズムを生み、多くの人々に支持されています。

まとめ

世界中で大人気の「THE BRIDGE」は、現在シーズン4が絶賛放映中です。もうすでにドラマを楽しんでいる人も、まだ知らない人も、個性的な登場人物とリアリティに富んだストーリーが魅力の、「THE BRIDGE」をぜひチェックしてください。

Source: SATS

【海外最新情報】冷徹な女刑事が血も凍る凶悪事件に挑む ドラマ「THE BRIDGE」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です