【海外最新情報】世界一偉大なレースと呼ばれるインディ500 その理由やF1との違いとは?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界最高峰の自動車レースと言えばF1ですが、アメリカでは毎年5月に開催されるインディアナポリス500マイルレース(インディ500)が、数あるモータースポーツの中でもっとも価値のあるレースとして、全米を熱狂させるほど高い人気を誇ります。

なぜ、それほどまでに人気が高いのか、インディ500の魅力や見所、F1と何が違うのかについて紹介します。

世界三大自動車レースの一つに数えられるインディ500

世界三大自動車レースの一つが、モンテカルロの市街地コースで行われるF1モナコグランプリ、もう一つはレース専用コースと一般道路を組み合わせた、フランス西部のサルトサーキットで開催されるル・マン24時間レースです。
インディ500は、この二つと同じ世界三大自動車レースとして数えられますが、三大レースの中でもっとも偉大な自動車レースと呼ばれています。

その理由の一つが歴史の長さです。モナコGPの初開催が1929年、ル・マン24時間が1923年なのに対し、インディ500は1911年から行われ、今年で何と102年目となります。
F1でもっとも長い歴史を持つモナコGPや、世界一過酷な自動車レースと呼ばれるル・マン24時間、この二つを差し置いても、インディ500がもっとも偉大という具体的な理由はどこにあるのでしょう?

インディ500が偉大なレースと呼ばれる理由

インディ500は、オーバルコースという競馬場にも似た楕円形のサーキットで行われます。大小のカーブとストレートを組み合わせた複雑なコースで行われるF1とは違い、コーナー進入時に300km/hオーバーからのブレーキング競争もなく、一見すると簡単そうに思えますが、それはとんでもないことです。

平均速度がヤバい!

インディ500では、このコースを常時ほぼアクセル全開で走行し、レース中はとにかくスピードが命となります。インディ500の平均速度は何と354km/h以上、最高速度は380km/hという世界最速の周回レースです。
F1の瞬間最高速度記録は374km/h、平均速度は高速サーキットのモンツァで247km/h、全長6㎞のストレート ユノディエールを持つル・マン24時間でさえ、平均速度は251km/hです。

インディ500を戦うドライバーは、常に350km/hというとてつもないスピードで、からだにかかる強烈なG(遠心力)に耐えながら走りつづけ、なおかつライバルと抜きつ抜かれつのレースをしなければなりません。このスピードが、ドライバーにとってどれほとヤバいかは容易に想像がつきます。
インディ500は、F1よりもスピードが高いため非常に危険で、ある意味ル・マンよりももっと過酷な、世界一ヤバい自動車レースです。

危険度の高い難コース

インディ500が開催されるインディアナポリス モータースピードウェイは、全長が4.0234km。
2本の長いストレートと浅めのバンク(傾斜角)がついた4つの直角コーナー、さらにそれぞれのコーナー間に短いストレートがあり、楕円形というより長方形に近いカタチをしています。

他のオーバル(楕円形)トラックのように、バンクの強い大きな2つのカーブではなく、直角のカーブを4回曲がらなければならないところに、このコースの難しさがあります。
このカーブはバンク角が緩く、曲がりがきついために、安全に曲がれるライン取りの幅がマシン2台分と少なく、少しでもずれると脱出時に壁に激突してしまいます。
インディ500は、難しいこのコースをドライバーが距離にして500マイル(805㎞)、周回数では何と200周も走らねばならず、精神的なストレスの大きさは計り知れません。

インディ500のコースは、F1でもっとも難しいといわれるモナコGPよりも、危険度の高さでは数倍も上回る難コースと言えるでしょう。

F1との違いは基本的なルール

インディ500とF1のもっとも違うところは、レースを行う上での基本的なルールです。F1では、各チームがレースを戦うマシンの車体を開発し、エンジンは主に数社ある公認のサプライヤーから供給を受けます。
インディでは、各チームが使用する車体は、すべて同じメーカーが製造する一種類のみと決まっていて、エンジンは公認を受けた二つのメーカーからどちらかを選びます。
インディでは、どのチームも使用するマシンが共通なため、勝つためにはドライバーの力と、チームのマシンセッティング技術が試されることとなります。

現在、インディ500を戦うマシンの車体は、イタリアのダラーラ製で、エンジンはアメリカのシボレーと日本のホンダが供給しています。

まとめ

インディ500は、F1とは趣向の異なるモータースポーツで、ドライバーの過酷さとリスクの高さにおいては数段上回る、まさに世界でもっとも偉大な自動車レースです。
昨年、日本人ドライバーとして初優勝の快挙を遂げた佐藤 琢磨は、2018年のインディ500では、決勝の序盤でまさかのクラッシュという残念な結果となりました。

今後も、ますます注目のインディ500を、来年もぜひお見逃しなく。

Source: SATS

【海外最新情報】世界一偉大なレースと呼ばれるインディ500 その理由やF1との違いとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です