【海外最新情報】簡単便利で環境にも優しい シリコン製食品容器スタッシャー

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家庭を持つ多くの女性が仕事をしている現在、帰宅後は家事や育児に追われ、気を休める間もなく忙しい毎日を過ごしています。
そのようなことから、料理にかける時間をできるだけ少なくする便利なグッズが発売されています。
スタッシャーは、忙しいママたちを助けてくれる、うれしい道具の一つ。手間も時間もかけずに、簡単便利に調理ができて、地球環境にも優しいという素敵な新商品です。
女性だけでなく、一人暮らしの男性たちにもぜひおすすめしたい、あたらしい食品用容器 スタッシャーを紹介します。

考案者はやはり子持ちのママ

スタッシャ―を開発したキャット ノーリ氏は、ブランドの創設者でありStasher社の経営者。
また、幼い子供を育てる母親でもあります。
結婚して子供ができ、育児に大忙しの毎日を過ごしていたキャットは、のんびり料理をする時間もなく、当然のように従来からあるプラスティック製の食品用容器やジップパックを使っていました。

プラスティックによる健康への影響に注目

ある日のこと、幼いわが子を見つめながら、彼女はふと、あることを思い浮かべます。
厳格なアスリートの父と栄養士の母との間に生まれたキャットは、幼いころから、自然と健康を強く意識する生活が身についていました。
彼女は、毎日使っているプラスティック製の食品容器が、健康に影響はないのか疑問を抱きます。

美しい海がプラスティックごみで埋め尽くされる日が来る

詳しく調べてみると、キャットは思いがけない事実に愕然とします。
食品容器などのプラスティック製品は、現在、全世界で年間3億トンもの量が生産されており、その多くがごみとなって海へと流出し深刻な環境汚染を引き起こしていたのです。

これらのプラスティックごみを、海中のプランクトンや魚、鳥といった生物が食べることで、体内でプラスティック中の有害物質が蓄積・濃縮されます。
このままでは、地球の美しい海がプラスティックで埋め尽くされてしまう。キャットは、健康への影響がなく環境に優しい、新しいシリコン製の食品容器スタッシャーの開発に着手します。

加熱も冷凍も思いのまま

スタッシャーは、安全で環境への影響がない、100%ピュアプラチナシリコンを使用した、新しい食品用容器です。スタッシャーは、これまでシリコン素材では困難だった、密封可能なピンチロックシステムを独自に開発。
食品を保存するだけなく、湯せんや電子レンジでの加熱、冷凍庫での長期保存にも対応した優れた商品です。

3000回の使用に耐えるスタッシャー

スタッシャーに使われるシリコンは毒性がない上、バクテリアなどが繁殖しにくい特性を持ち、油や酸にも強く耐久性に優れています。
食洗器などで洗浄して何度でも使うことができ、メーカーは、3000回使っても大丈夫だと公表しています。

耐熱性も高く調理器具としても便利で、家庭用電子レンジや湯せんでの調理はもちろん、250℃までならそのままオーブンに入れて調理が可能で、幅広い料理に使うことができます。
これなら料理が苦手な男性でも、スイッチ一つでいろいろなメニューが作れ、偏りがちな食生活には救世主となるでしょう。

まとめ

スタッシャーは、サンドイッチと呼ばれる約440ml入るMサイズと、ハーフガロン(約1,900ml)のLサイズ、290ml入るスナック(S)サイズの3種類があります。
価格はサンドイッチが¥1,500、ハーフガロンが¥2,200、スナックが¥1,200です。
日本ではamazonや楽天市場、ロフト、蔦谷家電、ヨドバシカメラなどで購入可能です。

Source: SATS

【海外最新情報】簡単便利で環境にも優しい シリコン製食品容器スタッシャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です