【海外最新情報】モモ肉エンジン全開!これはスピードスケートの耐久レースだ 「ベルリン インラインスケート マラソン」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界には、アスリート魂を燃え上がらせる、エキサイティングなスポーツがたくさんあります。
毎年9月に開催される「ベルリン インラインスケート マラソン」も、そのようなワクワクさせる競技の一つ。

世界的に有名なベルリンマラソンの前日祭イベントでもありますが、れっきとしたインラインスケート世界選手権(World inline cup)の一つで、並み居るトップスケーターたちが栄誉を賭けて戦いを繰り広げる、見ごたえ満点のレースです。

日本では、あまりなじみがありませんが、観ればきっと虜になる、ベルリン インラインスケート マラソンを紹介します。

世界では人気のインラインスケート

インラインスケートはローラースケートの一種で、アイススケートのブレード(刃)のように4つ(5つまたは2つのものもある)の車輪を縦一列に並べた、許可された道路や専用のローラースケートリンクで滑走するためのスケート靴です。

ローラースケートの歴史は非常に古く、諸説ありますが、1700年代にはオランダで夏用のスケート靴として登場していたといいます。
これは、車はもちろん自転車よりも古く、人工モビリティーとしては世界最古と言えるでしょう。

インラインスケートは日本でも一時期ブームとなりましたが、世界ではメジャーなスポーツで、マラソンやフリースタイル、ボディメイキングに有効なフィットネスとして多くの人が楽しんでいます。

平均時速40km/h以上!ベルリンの街で風を切る

インラインスケートの魅力は、なんといってもその圧倒的なスピードです。
インラインスケートがどのくらいのスピードを出せるかというと、ランニングで競技を行う通常のマラソンとの比較では、ベルリンマラソンの世界記録2時間2分57秒に対し、ベルリン インラインスケート マラソンの世界記録タイムは何と56分49秒。

マラソンと全く同じコースを、インラインスケートでは1時間足らず、半分以下のタイムで走破しています。これを速度に換算すると、平均時速は約44.2km/h。
トップアスリートたちは、ベルリンの街を40km/h以上、一般のスケーターでも30km/h程度の速さで風を切りながら駆け抜け、まさに想像以上のスリルがインラインスケートの魅力です。

歴史的名所をまわるコースは観光にもおすすめ

ベルリン インラインスケート マラソンのコースは、ベルリンマラソンと同じで、ベルリン市内の歴史的な観光名所を巡りながら、スケーターたちがエキサイティングなスピードバトルを繰り広げます。
スタート地点は、ベルリンの中心部に位置する大公園ティーアガルテングヴェッサーです。
公園内を縦断する長い直線を、街の象徴ともいえるジーゲスゾイル(戦勝記念塔)の前をかすめながらスケートで爆走。
緑あふれる公園内から市街地へと飛び出します。

ベルリン中央駅や連邦首相府、国会議事堂を眺めながら、ベルリンの街を時計回りに滑走。
ヴィルヘルム皇帝記念教会やベルリン大聖堂といった名所を巡り、最後はブランデンブルグ門をくぐって再びティーアガルテングヴェッサーへと戻ればゴールはすぐそこです。

出場するには?現地へのアクセスや費用はどのくらい

ベルリン インラインスケート マラソンに出場するには、エントリー代行業者 スポーツエントリーのサイトにアクセスし、すべて日本語で申し込みが可能です。参加資格は18歳以上、費用は¥16,000で、タイム計測用チップのレンタル料が込みとなっています。

2018年大会へのエントリー申込期間は2017年11月29日~2018年7月31日までで、現在はすでに終了していますが、参加者にはノンアルコールビールの提供やアフターパーティへの参加、完走メダルに証明書、翌年のベルリンマラソンへの参加権(申込者数が多いため通常は抽選となる)といったうれしい特典がいっぱい。
ゴールした後は、おいしいドイツ料理が味わえる露店がたくさん並び、大人気の大会オフィシャルアパレルグッズが買えるショップがありと、いいことが盛りだくさんの楽しいイベントです。

ベルリンまでは飛行機で約15時間

日本の各空港からベルリンまでは直行便がないため、乗り継ぎ便を利用します。
例えば東京から、オランダのアムステルダムを経由してベルリンへ向かうには、成田空港からアムステルダムのスキポール空港までが11時間40分。
そこからベルリン テーゲル空港までが1時間20分で、乗り継ぎ時間を合わせると、全部で約15時間程度かかります。

日本とベルリンでは7時間の時差があるため、1日1本しかない成田からアムステルダムまでの直行便で、午前10:30に出発すると、午後6:30ごろにベルリンに到着します。

まとめ

ベルリン インラインスケート マラソンは、2017年は世界中から5,573人ものスケーターが参加した大イベントです。
出走しなくても観るだけで楽しめるので、日本での開催を期待したいところです。

Source: SATS

【海外最新情報】モモ肉エンジン全開!これはスピードスケートの耐久レースだ 「ベルリン インラインスケート マラソン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です