冬の光熱費の節約方法は?


イメージとして、夏のエアコンの方が電気代は高いだろうと思っている人も多いのですが、現実的には冬の暖房の光熱費の方が高いのです。そこで、冬にこそ活用出来る節約術を模索してみるとしましょう。

なぜ冬の方が高いのか

なぜ暖房光熱費の方が高いのか。この答えは簡単です。それはエアコンが外気との差によって稼働するエネルギーが変わるからです。
例えば夏であれば外が35°で室温を26°にと思ったら9°差ですが、冬の場合外の気温が10°で室温を22°にと思ったら12°です。

もちろん一例ではありますが、全体的にみると冬の方が室温と外気温の温度差が大きいので、光熱費も高くなるのです。

節約方法はあるのか

夏場の場合、最近ではエアコンは付けたり消したりよりもずっと付けていた方が安くなると言われていますが、暖房の場合も同じことが言えます。
ですが、暖房は一点気を付けなければならない点があります。

それはガスです。ガスストープの場合、部屋にガスが充満する可能性もありますので、付けっ放しにしていると部屋にガスが充満し、お金云々ではなく安全性に問題が出てきます。
そのため、付けっ放しというのはあまり得策ではないのです。

服を着る、動く

原始的ではありますが、これらが冬場の節約術です。
服を着ればその分暖かくなるのは説明するまでもないでしょう。

そして動けば体の中からエネルギーが生じますので暖かくなります。
じっとしていると寒いものですが、厚着をして少し体を動かしてみる。

ベランダでも良いので少しストレッチをしたり、軽くウォーキングをする。これだけでも体温は上昇します。
つまりは暖房の必要性も薄くなります。人間は動けば熱が生じるのです。

しかも動くだけならお金はかかりません。これぞ最高の節約術でしょう。

まとめ

冬場もまた、光熱費の問題は真剣に考慮しなければならないのですが、脱ぐには限界がある夏場とは異なり、

冬場は服を着たり動いたりと自発的に暖かさを演出出来ますので、それらを上手く活用してみることこそが節約に繋がるのです。

Copyright © 2016 現役FPが物販で月商1000万円を達成した軌跡!! All Rights Reserved.

Source: 中川拓人
冬の光熱費の節約方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です